FC2ブログ

菰田誠の工務店日記

住まいについていろいろ考えます

「和室学」という本が出版されますよ

タイトルの通り「和室学」という本が、この10月に出版されます。
HEAD研究会で編者の一人である東京大学の松村先生に伺った話で
「和室」を世界遺産に登録できないか!?という動きがあり
・・・というのも、近年 急激な勢いで「和室」を備える家が減少している現実。
このままでは、「和室」が日本から、いや世界から無くなってしまう!?
その前に、「和室」に関する情報を整理して・・・世界遺産に登録しようという動き
がある話を伺いました。
で、昨日そのプレイベント的なものが予定されていたのですが、
幸か不幸か、9/30に変更されました。
けっこう楽しみしています。&本は予約しました。

というのも「和室」って?
皆さんの中に、イメージ的なものはあるかと思いますが、
「定義づけ」しようとすると、やっぱり難しい。

自分の中では
「床は畳」「壁は真壁が基本(でも大壁の場合は大壁和室を許容)」「ふすまや障子で仕切られる」
といった感じ。天井は「敷目天井」なイメージですが、じゃぁ他の天井じゃ和室じゃないのかとか
もっといろいろある 現実なので、定義づけは難しいかと。

で、
最近のマイブームで「多くの方に、冬でも暖かい家に住んでいただきたい!」
との思いがあり、その対極にあるのが「和室」であるようにも思えています。

正直、一昔前の住宅の「和室」は寒い!と、思います。
というか、日本の家は寒い!

「畳」と、「こたつ」+「着衣」によって、人の体が接触する部分から
熱が奪われることは防げますが、
「空間・部屋」としては「寒い」

「空間・部屋」として暖めようとすると、
熱の逃げ場だらけで、非常に効率が悪い エコじゃない。

(その点、新しく建てる家の外張り断熱+和室の相性はとても良く・・・
断熱性能が和室としての各内装の仕上げに、依存しないので、性能が高めやすい)

が、「既存の和室」の「断熱性能向上」は、ハードルが高い。
要素別に考えると、「床」「壁」「天井」「開口部」で、分けると
まず「床」 畳はいいと思うが、床下空間がだいたい風通しが良い構造になっている。
湿気がこもらないように、かつ冷気の通り抜けは防ぎたいところ。
「壁」・・・真壁構造になっていて、少し前の構造だと、「貫」構造+ぬりかべで、断熱材は入ってないし
入れられない。少し現代的な間柱∔スジカイの構成でも、壁内空間が少ない。
「天井」だいたい、薄い板で構成されていて、それが細い吊り木でつられている。
基本的に断熱材ですら、その上に置くような作りにもなっていない。
「開口部」これは、「障子」をうまく温熱環境向上に活用でき、性能の高いサッシに交換するか
内付けサッシをつければ性能はかなり上がる(が、取付空間がない場合も多い。

と、諸々大変な割に、効果は限定的という現実。

この観点から考えると、かなりネガティブな要素が多い。

まぁ、住まいの要素は温熱環境だけではないので、

むしろ、「日本人の文化・生活」の舞台である「日本の住宅・和室」
という観点で考えると、、
そもそも住宅で行われてきた「行事」も、ことごとく、無くなってきた。
(これから建てられる家で、家の中で行う冠婚葬祭を予定している家が、どれだけあるだろう?)
床の間、座卓、違い棚・・・
その「心」は、「いいな!」と思う部分があると同時に、
「心」があれば、今までの形態にこだわる必要もないのではないか?
とも思う。

・・・本の出版を楽しみに待ちたいと思います。
スポンサーサイト



  1. 2020/09/19(土) 18:42:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の屋根のサーモカメラ画像

20200818菰田邸屋根温度
写真 2020-08-18 13 43 44

長かった梅雨も終わり、暑い日々が続いております。昨日は静岡の浜松市で、今までの熊谷市がもっていた最高気温と並ぶ41.1℃を記録したとのこと。
「気温」が41℃ってすごいことです。35℃と38℃ではずいぶん違うように、38℃と41℃ではさらに違く感じるでしょう。ですが、太陽光に直接照らされる「もの」の温度は更に高くなります。試しに自邸の屋根瓦の温度を測ってみると、最高地点で66℃ありました!熱い!「気温」だけで考えれば、室内の快適温度を25℃とすると、外気が38℃でも温度差13℃。ですが、屋根全体を覆う屋根材との温度差を考えると・・・66-25=その差41℃!となります。やはり屋根の断熱・・・重要です。こもだ建総では、輻射熱も遮るアキレスのキューワンボード外張り断熱と、屋根通気層もとって施工しているので、家の中は快適♪(冷房は使わないと冷えませんが^^;)
 ちなみに自邸では、屋根に「太陽光発電パネル」と「温水パネル」が乗っているので、その温度も測ってみると・・・ずいぶん低い・・・色が暗い色なので、熱いだろうと思っていたのですが・・・共に40℃程度(それでも気温よりは高い)でした。つまり、屋根材の上で、太陽光を遮るので、その下の瓦は更に温度が低くなり、暑さを和らげます。太陽エネルギーを電気エネルギーと温水に変えられて、建物の遮熱もする・・・屋根の上でいい仕事をしてくれています!
 また参考までに、車の中の温度も測ってみました
写真 2020-08-18 13 08 19
車に乗り、エアコンもかけず、窓も開けずに測定してみると・・・ダッシュボード上でなんと82℃!!まさにサウナ!この状態で数分間運転した後に、窓を開けると37℃くらいの外気温でもものすごく涼しく感じます(笑)
 
 日射遮蔽など、涼しくなる工夫などをうまく生かして、できるだけ快適にこの夏の暑さを乗り切っていただきたいです


 
  1. 2020/08/18(火) 16:58:39|
  2. サーモカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

異常気象 北極の最高気温更新 と。

地球規模の異常気象が増えています。北極も南極も、どんどん温暖化が進み、表面を覆ていた、氷が溶けだし、封印されていた温暖化ガスが、大気中にどんどん放出され、温暖化がますます加速してゆく と、以前のTV番組で見ましたが、まさにそのシナリオ通りになっているようです。(シナリオの温暖化スピードより加速しているかもしれません)世界各国で起きている豪雨、異常気象は、今年だけの問題ではなく、今後ますます激しさを増し、増加してゆくようです。
 建物の基準は、今まで起きた災害を基準としていますが、地震にしろ台風にしろこの先を見据えた、しっかりしたものにしなければなりません。昨日も、三郷の方で突風で屋根が飛ばされたというニュースがありました。
 今後、飛ばされにくい屋根の研究も増えてゆくかもしれませんが、台風の時でも「うちは安心」と自信をもって言える家づくりを続けていきたいものです。
  1. 2020/07/26(日) 16:20:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「長期優良住宅化リフォーム推進事業」をもっと増やそう

2020071401.png
今日は、JBN既存改修委員会の日でした。この委員会としては、初のリアル+ズーム併用会議。自分は今回はズーム参加しました。自分は様々な委員会活動に頭を突っ込んでいるのですが、どれもやはりこれからの工務店に必要な活動、自社の今後の活動に結びつけなければならない(なかなか結び付かないことも多い)と思って、参加しています。
 その中での、この「既存改修委員会とはなんぞや?」⇒今ある建物を、もっと有効活用しよう⇒我々工務店がやらなければいけない仕事、「今ある建物の、性能向上」!!。これ、なかなか誰でもできる話ではありません。リフォーム仕事の多くは、落ちてしまった性能や悪くなった状態を元に戻す 的な仕事が多いのが現状です。ですが、この委員会では、原状復帰ではなく、更に元よりも性能を上げるような工事をしなければ!!という意識です。現実的に多いリフォーム仕事は、水回りの交換や、外装の塗り直しなどが多いですが、我々、地域工務店がやらなければいけないと自負しているのが、耐震性能や断熱性能の性能向上!やはり、昭和に建てられた家は、すでに30年以上も経過しています(月日の流れは速いですね・・・)その建てられたときの性能よりリフォーム工事で更に安心できる、快適な住まいにしたい!という思いがあります。その各種性能を「長期優良住宅化リフォーム事業」の基準にのっとって行うと、一戸当たり250万円の補助金がもらえる可能性があります。更に、他の要件 (三世代か、若者・子育て世代か・既存住宅を購入して工事を行うか のいずれか)で、+50万円の補助金がもらえる可能性があります。やはりこいった制度をうまく活用してお客様にも工事をしていただきたい。
 ですが、実際にはあまり活用されていない制度です。なぜなら、とても大変だから。
申請が大変。まず慣れていない。そして、その制度に適用する住宅スペックにする提案打合せも大変。工事も建物全般になるのでかなりの大規模改修工事になります。そして、補助金なので申請・工事期間が限られているので大変。
と、大変なことずくし。それをどうしてゆくか を解決してゆくのがこの委員会の役割だろう と思っています。
せっかく、補助金を出してまで、国はそういう事例を増やしていきたい!という時期ですので、そんな仕事に携わりたいと持っています。ぜひ、「長期優良住宅化リフォーム推進事業」に興味のある方は、菰田までお問い合わせください。
国土交通省の報道発表資料のページへのリンクを張っておきます
https://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000937.html
  1. 2020/07/14(火) 17:53:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不要不急という言葉。。。

先日、TVを見ていて、歌手の方が「「不要不急」の活動自粛で、活動ができなくて苦しんでいる」
というのを見ました。
この、「不要不急」という言葉、あまり好きではありません。

必要かどうか、重要であるかどうかは、人によって違うもの。
価値観は人それぞれであるので、他の人にとっては重要でないことかもしれないが
自分にとっては、とても重要である ということはたくさんあると思います。

「仕事」に関してもそう。

「仕事」が、重要か重要じゃないかも人それぞれ。

でも基本的に、「仕事」って、とても「重要」だと思います。
そして、さまざまな「仕事」があるなかで、「不要」扱いで活動・仕事ができない方々がいるのが 何かひっかかる。
・・・別の言い回しがないものか?と思います。

「不急」はまぁOKとして
「不要」って言葉がね。
人によっては、アーティストのコンサートに行くって、とても重要なことだと。
開催する方も、見に行く方も。

いろんなイベントが当社も含めて中止になっていますが
できる方法を考えて、実施していきたいものです。



  1. 2020/06/29(月) 07:59:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ