FC2ブログ

菰田誠の工務店日記

住まいについていろいろ考えます

いもほり大会開催

mini写真 2019-10-20 11 37 22
10/20(日)にお客様感謝祭である「芋ほり大会」を開催しました。幸い天気にも恵まれ、大勢の方に芋ほりなどの時間を楽しんでいただきました。今年の芋の出来は、まぁまぁだったようで よかったです。開催の一週間前は巨大台風の直撃でしたが、開催できてよかったです。
mini写真 2019-10-20 13 55 54
今年から、お客様へのお得な情報&ご相談受付コーナーを設けました。今後、このようなスペースも充実させて、来ていただくお客様に有益な情報提供ができる場にしていきたいと思っております。また来年の芋ほり大会も、ぜひ楽しみにしてください☆
スポンサーサイト



  1. 2019/11/07(木) 20:31:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台風対策

この週末に千葉に甚大に被害をもたらしたのと同様かそれ以上に発達した台風の予想進路が、東京、埼玉上空になっています。ぜひ備えをお願いします。

以下、工務店仲間のあすなろ建築工房の関尾社長が対策等をまとめたので引用させてもらいます。
------
今週末に関東地方に上陸が予想されている台風19号は、これまで経験していない風と雨が予想されています。

今回の台風は千葉県で大きな被害を出した15号よりも勢力が大きいとされています。15号の通過後数日後に被害のあった館山市に支援に行ってきました。あまり報道はされていませんが、古い家屋だけでなく、築年数の浅い建物も何かしらの被害を受けていました。「新しいから」と油断は禁物です。

電気が通じたばかりのスーパーも覗いてきましたが、火を使わない食べ物、飲料水があっという間に売り切れていました。これらは普段に常備できるものでした。

営業しているガソリンスタンドも長蛇の列で、給油するには半日待ちとのことでした。

どこから飛んできたものか分からないものが、外壁や窓にぶつかり、被害を拡大していました。ご近所に迷惑をかけないように、飛散物を無くすようにしてください。

台風に備えて、準備と対応について下記にまとめました。万全の準備をお願いできればと思います。

<事前の準備>
・断水に備えて、浴槽やバケツなどに水を貯めておく。
・充電できるものには充電しておく。
・水、電池、食糧のストックをしておく。ガスが止まることもあります。カセットコンロ、カセットガスもストックがあると安心です。
・停電の際に慌てないように、懐中電灯など分かりやすい場所に出して置く。
・電気が通じていないと当然ながらTVやインターネットは使えません。携帯も通じない可能性があります。情報はラジオが頼りになることもあります。ラジオを聞くことが出来るか確認をしておく。電池切れに注意。
・火災保険内容を確認。風災に対しての補償がされているか?
・建物の周りで不具合が無いか確認。雨どいや外壁が外れそうになっていたら、すぐに連絡ください。事前に外しておくだけでも被害が少なくなります。
・家の車のガソリンは、満タンにしておく。
・雨戸やシャッターがある場合は閉める。鍵もかける。
・外部の風で飛びそうなもの(日除けタープ、よしず、すだれ、物干し竿、植木鉢、ガーデニング用品、ガーデン用品など)は、内部に取り込むか、下に下ろし、風で飛ばないようにする。自転車が飛んでいってしまう場合もあります。自転車にもロープをかけるなど対策する。
・窓のカギをかける。突風で窓が開いてしまう可能性もあります。一か所でも窓がが開いてしまうと、建物内に急激な圧力差が生じて、他のガラスが吹き飛ぶ可能性もあります。
・避難勧告が出たら、暴風に入る前に迷わず避難。暴風に入ってしまっていたら、家の中で安全と思われる場所で通過を待つ。土砂災害や浸水の恐れのある場合は2階、暴風の危険のある場合は1階中央または風下側。

<台風通過中>
・もし被害が出ても、暴風時間には外には出ない。大きなトタン屋根が飛んでくることもあります。命が大事です。
・暴風時間内に窓や扉を絶対に開けない。様子を見ようと窓や扉を開けてしまうと、圧力差で窓や扉が吹き飛びます。

<台風通過後>
・もし被害が確認出来たら、写真を撮って、メールしてください。電話は通じない可能性があります。
・緊急性の高いところから順に対応いたします。その後は申込順となります。数日間はインフラが通じない、道路が通行できないなどでご連絡が出来ない可能性もあります。
・あすなろ建築工房の事務所には、災害に備えてブルーシート、土嚢、発電機などの常備が十分にあります。あすなろ建築工房のお客様には優先的に応急処置に伺います。
・火災保険会社に被害状況を連絡。なかなか連絡がつかない可能性が高いです。被害の状況写真が残っていれば、大丈夫なので慌てない。
・被害状況を極力多く写真を撮る。全景、中景、近景などいろいろ撮っておく。周辺(ご近所)の様子も撮っておく。室内に被害がある場合は、家財も補償されますので、写真を撮っておく。

長くなりましたが、「備えあれば憂いなし」、最善の準備をお願いいたします。
  1. 2019/10/10(木) 06:39:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さいたま市商店街「秋の豪華プレゼントキャンペーン」!始まり!11/15まで!

image1 (1)
さいたま市商店街の企画「秋の豪華プレゼントキャンペーン!」が始まりました!約一か月間、お買い物(工事)600円につき、応募はがきを一枚お渡しします。(配布上限は一回のお買い物で原則10枚までです)リフォームスタッフに200枚渡したので、だいたい工事になれば6000円を超えるでしょうから、上限の10枚お渡しできます。と、先着各営業ごとに20名までくらいになります。期間も限られているので、このチャンスをお見逃しなく!特等のペア沖縄3泊4日旅行券が なんと20本も!なんか当たる気しませんか??1等の電動アシスト自転車も50台も当たります!!当たる気しませんか??? 他にも豪華賞品 これでもか!!てくらいあたります。このチャンスをお見逃しなく!!
  1. 2019/10/04(金) 22:00:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

薬に頼らない家づくり

虫や腐れに強くなるようにと、「薬剤処理」された材料で、建築を作るものがあります。本来は弱い性能を「薬」によって強くして使うと。人も、どこか悪くなったりすると、「薬」に頼って、状況を改善しようとしますよね。でも、できることなら、薬に頼らないで強い方がいい。こもだの家づくりは、そんな家づくりです。薬に頼るのではなく、素材本来の強さを持っている「ヒノキ」を使うことによって、長く安心して住み続けられる家づくりをさせてもらっています。住宅の使う期間はとても長いので、長く安心できるのはどちらか?と考えると、おのずと、素材として強い方だと思います。
  1. 2019/09/27(金) 19:58:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

巨大台風とか 国連 気候変動サミットとか

今、国連で「気候変動サミット」なる会議が行われているようです。日本でも、台風の巨大化強力化により、直撃した地域では、甚大な被害が起きています。今のままでは、地球温暖化は、よりそのスピードを増し、気候変動に与える影響もより大きくなり、今回の台風よりもより巨大なものが次々に日本列島を襲ってくることも想定されます。16歳の少女のスピーチでもあったように、もうそれは始まってしまっている。かといって、何もしなければ手遅れになる。
 以前、NHKで見た、地球温暖化がもたらす異常気象について、影響が大きいのが、北極海やシベリアの氷に封じ込められていた温室効果ガスが、温暖化により解けて、大気中に放出される。そして温暖化が進む⇒どんどん溶けてどんどん温暖化⇒今まででは考えられないような異常気象に結びついてゆく。という内容のものがありましたが、ここ1~2年の気象をみていると、それが現実になってきているように感じます。温室効果ガスの一つであるCO2.これは、地球上の植物は、吸って、固定化してくれます。ざっくり簡単に考えると、木を育てて、それを建築として使い、地上に固定化、更にまた新しい木を植える。そして使う。のサイクルを繰り返せば、地球上の歴史から考えれば、微々たることかもしれませんが、それでも、温室効果ガスを減らしてくれます。ここ数十年は、長い年月で蓄えられた「化石燃料」を掘り起こし、使う事ばかりしてきましたが、おそらく、それは、ごく一部の時代であって、これからは、ほどよいバランスが必要だと思います。化石燃料の使用を減らすこと、異常気象に備えること、非常にざっくりした話ですが、それらを具体的な行動として、より多くの人々が取り組まなければいけないことだと思います。
  1. 2019/09/25(水) 14:39:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ