FC2ブログ

菰田誠の工務店日記

住まいについていろいろ考えます

くじけないで

柴田トヨさん もうすぐ100歳になるおばあちゃんの詩集です。
同じ出来事、状況でも、感じることは人それぞれ。

このおばあちゃんのように感じ、それを言葉にできることってすごい。

かみさんと涙を流しながら読みました。



全然話は違いますが、日本の政治家は、
日本という国のこと、国民の生活を良くしてゆこうと思っているのだろうか?

与党だ野党だ って その上から「喝」を入れられる人はいないものか。

と思う今日この頃でした。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/30(日) 21:34:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木の家 耐震改修 大勉強会後

全建連の青木会長や、工務店サポートセンター長であり自分の恩師、出身研究室の教授であった藤澤先生などと、懇談会を行ないました。
この大勉強会では、いろんな垣根を超えて行われたのですが、やはりいろいろなしがらみがある様です。
全建総連、全建連、JBN、工務店サポートセンター、SAREX、いろいろ立場が違ければ、意見、考も 違う。そんな中で、何が重要なのか、必要なのかという事を、冷静に考えて、取るべき行動を取らなければならないと感じました。こもだ社長は全建総連の要人でありながら、自分は、藤澤先生、全建連会長の青木さんなどと一緒にいた現実。それは、お客様には全然関係のない話です。
やるべき事は何なのか、という事を中心に、取るべき行動を考えなくてはならないと思いました。
  1. 2011/01/17(月) 21:45:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木の家 耐震改修 大勉強会 in神戸

木の家 耐震改修 大勉強会in神戸
に来ています。
阪神 淡路 大地震から16年

地震の震源の上にある日本列島。
近いうちに必ず起きると言われている
東海・東南海地震
それが発生した時には、もの凄い被害が想定される。
それを少しでも、減らす努力をしなければなりません。

実際の被害が多いのは、古い家。
特に昭和56年以前に建てられたものは、基準のレベルが
今よりも大きく低いので、特に対策が必要である。

にもかかわらず、意識レベルは低い。
それも、わからなくもない。
耐震補強工事ということは、
日常の不満や不便とは、問題の感覚が違うから。

必要な事ではあるが、正直、いつまでに。というのが明確にならない。
大地震の予測が正確に出来れば、切実になってくるのでしょうが、
「近いうちに。そぅ遠くないうちに」
という状況。

広い意味での防災問題への取り組みで考えると、まちづくりや、人づくり
から考えなくてはならない部分も多いのですが、そこまで考えると
今のこもだ建総のキャパシティーを超えてしまうので、おいておきます。


阪神淡路の地震では、倒壊した建物内でなくなった方が多い。
建築屋としては、それはなくさなければならない。

現実的な問題として、高齢者の住む、手入れのゆきとどかない古い家のリスクが高い。
資金的な問題だったりする。

ある人は、耐震改修工事は公共事業としてやるべきだ とも、言いますが
じゃぁ、予算はどこから?という問題になります。
また、逆に考えて、壊滅状態の街を元通りにするのにいくら掛かるのか。
んー。

家の資産としての価値。
それを上げる

これからしばらく、日本の人口は減少してゆく。
住宅の在庫数も、増えた。
戦後、世帯数より少かった住宅のストック数が
今は、とっくに住宅のストック数の方が多い。
つまり、空き家が多いという事。そして、空き家予備軍の家も
相当数あるでしょう。
「自分が生きている間もてばいい」家。

そいういう事を考えると、今の核家族化の弊害だろうと思います。


政府の200年住宅、長期優良住宅の話が出たときに、
建築・建物だけじゃなく、ソフト 住まい方まで提案して
(最低でも3世代の同居可能とか)の家にならないと意味がないな
とか、思ったものでした。

理想は、しっかりした家を建てて、それを代々長く使う事が
防災にもなるのだと思います。



  1. 2011/01/17(月) 13:47:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南雄三先生やベストバランス研究会など

先ほど、風のない暖房の家のシステムの営業さんが当社に見えました。でも、当社のことをあまり知らなかったようで・・・というよりは、当社が伝える努力をしてこなかったことなのですが、当社の展示場が、19年前に外断熱+自然素材(無垢材+シックイ)でやったこと、BB研究会(ベストバランスBB研究会・南雄三先生などの研究を反映して建てたことや、換気の重要性、室内環境の重要性を話したら、逆に驚かれていました。また、南雄三邸の古い建物の外断熱改修工事も当社でやったんですよ。と言ったら更に驚かれていました。確かにそうかもしれません。ホームページとかにも載ってないですからね。

たまに展示場の留守番をするのですが、やっぱりこの建物は素晴らしいと思う。 まぁ、基本に忠実(熱負荷のあるところに暖房機を置く、また開口部は小さめ。吹き抜けとトップライトで明るく、開放的な空間、自然素材と計画換気による新鮮な空気。)といいますか、実際に建てられるお客様でも、ここまで出来ればものすごく快適だろうと思います。

19年前じゃ、インターネットという言葉も、出始めたくらいの時期かな。ホームページに載せるということもまったく考えなかったことでしょう。工事記録の冊子はありますが。

やっぱり、冬の寒さを防ぐ、夏の暑さを防ぐというのは快適への第一歩。基本として押さえ、更なる家づくりの楽しみをつけないとと思うのでした。
  1. 2011/01/14(金) 16:08:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鏡開き

かがみもち写真
まないたの上の鏡餅。今日は鏡開きということで、叩いて割りました!といっても、巨大な鏡餅。手で割っていったのですが、中央部はまだねばりがあって裂けてくれませんでした。
これを、食べやすいサイズにして、事務所でおしるこにしていただきました。余った餅は、みんなに持ち帰ってもらうことにしました。カビだらけになったら食べる気おきないけど、今ならまだ大丈夫。
鏡開きで、おしるこ いつからの習慣なのかなぁ?


全然違うニュースで気になったのが、
ソニーのウォークマンが携帯音楽プレーヤーでシェア月間トップ!
と、言うニュース。

自分、基本的に日本びいきなのですが、数年前に、ソニーかアップルかで迷った挙句、
アップルを選んだ過去あり。そのときは、ハードもソフトもアップルの方が
欲しているものに近かった気がします。

で、気がつくと、日本勢でも、この携帯音楽プレーヤー
出しているメーカーほとんど無いんですね。出しても売れない。

ばんばん家電のヒット商品を送り出す、松下電器改めパナソニックも
こと、音楽のジャンルの商品は人気出ませんね。
なんでだろ?

音楽を持ち出して身に付ける人々の心に響く商品が少なかった?



アイポッドから広まった、ハードディスクやメモリーに録音するタイプの
音楽プレーヤー。

やっぱり、アップルはすごかった。
最先端を全力で走ってた。
それに対し、日本のメーカーはいろんなしがらみやバランスで
全力疾走できなかったような感じだったと思う。

過去の実績の延長でのレースでは、それが足をひっぱりかねない。
このジャンルの話だと、ソニーは
カセットテープや、MD、DATを持っていた。
また、自分の傘下にレコード会社もあるものだから、
著作権などの問題に対し、攻めの姿勢よりも
どう守るか?ということが、ユーザー目線とは違う部分で
進化の足を引っ張っていたように感じていました。
そうこうしているうちにアップルの独走態勢が続いていたのが
ここにきての逆転。
要因はよく知らないのですが、ここまでのソニーの努力
ものすごいものがあると思います。

何か参考になることを探さねば。

  1. 2011/01/11(火) 22:51:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仕事はじめ

もちつき
昨日が2011年の仕事初めでした。事務所の前でみんなで餅つきです。社長も大きく杵を振りかぶって
力強くつきました。全員でついたので、非常につるつるしたいいお餅が出来ました。上棟式では必ず餅つきをしているのですが、お客様に差し上げているので、自分達で食べる機会は、めったにないのです。今回は、あんこ、きなこ、おろし、ごま、を用意して、そのあとすぐにいただきました。おいしかったぁ。
施工部集合写真
その前には、施工部が作業場の前で集合写真撮影。その年に使う間竿を作って、一緒に記念撮影。今年も、多くのお客様に喜んでいただけるように頑張るぞ。といった感じです。

お昼から顔合わせでは、一人一人、今年の抱負を宣言してもらいました。具体的な人、漠然とした人、様々な抱負がありました。ちなみに自分は「一級建築士取得!」
言うの何回目だろう?という感じですが、がんばります!
  1. 2011/01/08(土) 19:57:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神社巡り

去年から、今回の旅行にかけて、いろんな神社に行きました。
伊勢神宮
明治神宮
熊野大社
鹿島神宮
氷川神社
出雲大社

それから、古事記、日本書紀をちょっとかじって、。



大工の技能の事を考える時、寺社仏閣は欠かせない ような気がしますが、
時代が違ければ、環境も、思想も、道具も違う。

ただ、そこにあるのは、職人魂かな。

残念なのは、伝える事を怠ってきたか。

「技能とは 真似て 学んで 超えてゆけ」
「技は盗むもの」
が、正義。

積極的に「伝える」努力が、どれだけあったか。

伝え方、というのも、千差万別、絶対に正しいということはないと思う。

式年遷宮というやり方は素晴らしいと思う。
但し、それなりの財力が必要になる。

そこで、紙と筆さえあれば残せる、文字や絵を活かせれば。

で、一番伝わってくるのが、「北斎」

もし、今、自分がスーパー金持ちで、今現在 葛飾北斎がいたら、いろんな「事」を
彼に描いてもらえたら、それは、物凄い資産、財産、になるんじゃないかなと、思います。
それが、個人のものじゃなく、「日本」としての資産、財産になるように。

絵が、白黒から、カラーになり、また、動く映像も、白黒からカラーに、そしてハイビジョンで精細になり、3Dで立体感も表現できる様になってきた。でも、それで、伝えたい事は何なのか。

それを考えると、昔の人が伝えたかった事、も、今の人が、伝えたい事も、共通する部分も結構あるんじゃないかな。とか、思いました。

  1. 2011/01/04(火) 22:40:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドキドキ

鳥取駅でスーパーはくとの出発を待っていると、定刻になっても出発しない。おぅい。姫路での新幹線への乗り換え時間はちょうど20分。ま、そんなに慌てずに乗り換え出来ると思っていた。そしたら、10分経っても出発しない。もし、のぞみに乗り換えられずに乗り遅れたらどうする?という事を一応考え始めた。そしたら、定刻から13分遅れで、鳥取駅を出発しました。
今回の旅行では、列車がどんどん遅れてゆくのを、何回か味わったので、かみさんが大騒ぎ。「もう絶対に間に合わない!」って。「車掌にそうだんしみて」と。
車掌さんが検札の時に、話すと、「まだ13分遅れです!!」若い女車掌だったのですが、訳のわからない気迫に負けました。まぁ、乗り換えの時にダッシュするか、諦めて次の手を打つか、なんですけどね。
で、遅れて出発した「スーパーはくと」も、かなり頑張って走って、一時は10分遅れてぐらいまで遅れを取り戻したのですが、姫路駅につく頃には、スタートと同じ12分遅れぐらいでした。
初めて利用する駅での乗り換えは、ドキドキものでしたが、姫路駅は割とシンプルな駅だったので、数分の余裕を持って乗り場まで行けました。

今、新幹線の中で打っていますが、この新幹線の安心感ってすごいなと思います。新幹線に乗って、席についたら、東京まであとちょっとって思える感じ。そして、いつでもどこでもネットに繋がれる環境。

古代神話ができた時、こんな世の中を想像したかな?
  1. 2011/01/04(火) 21:46:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鳥取駅にて

大雪で予定が狂った部分もありますが、あとはスーパーはくととのぞみを乗り継いで帰るだけとなりました。はくとが、遅れてしまうと、今日中に帰れなくなってしまうのですが、遅れないのを祈っています。
  1. 2011/01/04(火) 18:13:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出雲市に無事に到着

大雪の山陰に向かった列車は、2時間半遅れぐらいで米子につきました。計画ではそこでレンタカーを借りて、ゲゲゲの鬼太郎の境港を周って、松江観光をして、列車で出雲市に向うというものでした。が、ニュースでもやっているように、大雪にジャストミート。レンタカーのお店までいってはみたものの、店の前の路地に雪がたくさんあり、チェーンをしている車でもまともに前に進めないひとがいて、ぷち渋滞。仕方なくレンタカー計画を諦め、そのまま出雲市に向かう計画にしました。米子の駅は大混雑。一日以上立ち往生した列車が、到着したのも、今朝の話。まぁ無事に着いてよかった。

初めて降り立った出雲の街は、かなり普通。明日、出雲大社に行って来ます。
  1. 2011/01/02(日) 21:11:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

岡山駅発車

1時間35分遅れで出発しました。
日本海側に出るのは何時間遅れになるのでしょうか。?
  1. 2011/01/02(日) 08:17:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

記録的豪雪の山陰路

ただ今、記録的豪雪中の山陰地方に向かっております。サンライズ出雲号。北浦和駅で駅員に確認したところ、運休ですね。と、軽く言われたのですが、スタートのこの列車が、運休だと、計画の全体を見直さなければならなかったので、東京駅まで行ってみたら、合体してゆくサンライズ瀬戸号は運休なのですが、出雲は運転します。とのこと。
で、無事に出発したのですが、岡山駅の前で足止め。岡山から山陰地方に向かう伯備線で列車が詰まっているみたいで、先に進みません。何時にうごくか未定との事。ま、待っていれば、そのうち動き出す事を期待しています。
午前6時40分
  1. 2011/01/02(日) 06:29:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新年 明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

今日、今夜から鳥取~島根 出雲大社へ行く予定なのですが、
昨日から大雪で、本日も吹雪のようです。
無事に行って帰ってこれるでしょうか(焦)

交通手段は鉄道です。サンライズ出雲という列車で、かみさんと行ってきます。
二人で行くのですが、全室個室の寝台列車なんです。
で、二人用の個室が取れずに、一人用個室×2なんです。

それが、9号車と12号車。

どんな感じになるんだろう?
  1. 2011/01/01(土) 07:19:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0