FC2ブログ

菰田誠の工務店日記

住まいについていろいろ考えます

計画地震

夜中に、目が覚めて眠れなくなってしまいました。
昨日も大きな余震が何回か起きました。

今年の1月17日に神戸で行われた、耐震改修大勉強会で、
東海・東南海・南海地震がここ何年かの間にかなりの高い確率で起こる
という話を聞いています。上記が連動して起こるとマグニチュード9クラスに
なる可能性があるということでした。
そのときは、「マグニチュード9」ってどんなだ?という感じでしたが、
今の日本人はそれを経験しました。

大変な被害を被っております。

が、

この規模の地震が、人口、産業の集積地帯である太平洋ベルト地帯で起きたら
被害は、これどころではないでしょう。

いつ起こるかわからないという不安があります。

そこで、時期を設定して震源めがけて爆弾仕掛けて(orミサイル用意して)
地震をおこすといことは可能か?ということを考えました。

もしそれが可能であれば、被害を最小限に食い止めることが
できるのではないか?
マグニチュードは1違うと、エネルギーは32倍違うそうです。

マグニチュード9程度のエネルギーが溜まっているとしたら
マグニチュード7の32倍×32倍=1024回分のエネルギー。

分散できれば、被害も小さくできるはず。
そして(□年○月×日)と決められれば、
それに向けての対策、備蓄、等もできるはず。
船は避難して、交通は止めておいて、それまでに
建物の耐震補強はするようにして、人は安全な場所に避難しておく。
原発は止めておく(何年がかり?)

そして、1000発~10000発位の海中ミサイルを用意しておいて
順次、震源めがけて打ち込む。
場所によっては地震につながらないかもしれないし、
もしかしたら想定以上の地震になってしまうかもしれない。
でも、備えていられるとしたら、それだけでも被害は減らすことができるのではないか。

そんなことをこの先10年~20年くらいの国家プロジェクトとして
真剣に取り組むことはできないだろうか?

今回の東日本大震災も大変な国難であり、この痛手を克服するのには
相当な・・・
というよりも、日本という国が、ここ何年間とは違う国になってゆくスピードが
この震災を機に、スピードを増してゆくと思われる。

だからこそ、求めるものを経済的・物質的な豊かさから、心の豊かさへ
シフトしなければならないと思うのでした。
スポンサーサイト
  1. 2011/04/13(水) 03:01:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SAREX 臨時会

震災後、初のSAREX
各、地域の工務店の情報発信。
工務店レベルの話だと、まだ、影響はそれほど大きくはないようですが、
今後の景気の影響が懸念されます。

今回の震災が、正に未曾有の出来事なので、
様々な選択を間違えないようにしなければならない。

  1. 2011/04/12(火) 17:04:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さくら日和

見沼代用水
この日曜日、さいたま市周辺ではちょうど桜が満開になりました。天気も晴れたので、自転車で桜めぐりをしました。
まずは、見沼代用水沿い お散歩、サイクリング、ランニングしている人多数 ほんと、春だなぁ~。
自転車には一番いい季節がやってきました。桜の薄いピンクと新緑の緑が最高の季節です。
やはり日本人として、この四季のある国に生まれて育ってよかったなぁと思います。
大宮公園
次に、大宮公園。あまり人がいないかと思ったら大間違い。多くの花見客がいました。
大宮公園 屋台
屋台も出てました。
大宮公園 花見
お昼ころで、みなさん控えめに桜を楽しんでいる感じでした。
元荒川
実家の蓮田の元荒川の桜です。
元荒川公園
元荒川の河川敷が整備されて公園になっています。のどかな日曜日。平和だ。
チューリップと桜
チューリップ
桜アップ
桜の淡いピンク色がきれいです。ソメイヨシノは、冬の枝だけの状態から、一気に花を咲かせます。
その変化がすごいですよね。(梅や桃もそうですが)
新芽が出てからだと、また違う雰囲気に。
岩槻王子運輸火事
戻り道、大きな倉庫で火事が起きていました。何やら朝から消火活動をしているのに火が消えないとのことでした。人の小ささ、施設の大きさを感じます。

今、このブログを打っている途中にも大きな地震がありました。
日本人、地震とうまく付き合っていくしかないかなと思います。
  1. 2011/04/11(月) 17:35:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私たちにできること

義援金2

かなり久々のブログ更新です。
先日、こもだ建総として義援金を埼玉新聞に届けてきました。
これは、この震災がなければ、昨日、今日にかけて行っていた研修旅行の費用を、
研修旅行を中止して、義援金としたものです。
ちょうど地震から一カ月。未だに頻繁に起きる余震からも
今回の大地震が、尋常でない感じがします。

今回の被害範囲は大きく、全てを元通りにするには
相当の金が必要です。が、日本の財政事情は震災以前から厳しい。
真剣に費用対効果を考える必要があると思う。

よく言われる言葉だが「選択と集中」が必要だと思う。

それを言い出せる政治家がいるかなぁ?
当然、反対意見は必ず出ると思うが、
今回の震災が、その決断のきっかけになって
いい方にまわるようになればいいと思うのでした。

  1. 2011/04/11(月) 16:55:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0