FC2ブログ

菰田誠の工務店日記

住まいについていろいろ考えます

嬉しい時間

昨土曜日に、お引渡をしたお客様に招待していただき、真新しい家で
お客様に食事をいただきました。

木工事を担当した、長井棟梁、コーディネーターを担当した池村さん
そして、お客様の窓口になった岡部さん、光を取り入れる設計が素晴らしい設計の和田さんと。

長井棟梁が作った、杉のダイニングテーブルを持って。
運び入れてから、組み立てたのですが、組み立てを
お客様のお子様と一緒に共同で行いました。
柿渋を塗った杉材が、床板の色と相性バッチリ いい感じ。

組み立てた後、お客様が用意してくれた料理の数々をいただきました。

おいしい料理をと、御主人がこの日の為にと走り回ってくれました。嬉しい話です。
このあたりでは一番おいしいお刺身、栃木県の「佐野」でしか手に入らない、おいしいモツ煮、
奥様お手製の特製唐揚げ 、ソースは二種類 塩ダレと、中華風のタレ
自分は、特にこの中華風のタレにはまってしまい、たくさん唐揚げをいただきました。
(今でも 思い出すとよだれがでます^^;)
そのほか、サラダやお稲荷さん、ピーマンの肉詰め、
更には最後に、おいしぃスイーツ 長井棟梁も感激した自家製プリンを
いただき、また、御主人が多くの御友人からいただいた日本酒など
をいただき、また、かわいい娘さん息子さんと、楽しい時間を過ごさせていただきました。
 
そして、最後に1人1人お土産まで。。。

何か、お客様に教わっているような 社長がしてきたことのような 
単純に嬉しい ということだけでなく、もっと頑張らねば とも思うのでした。
スポンサーサイト
  1. 2012/05/29(火) 20:55:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

OB施主 家づくり体験談&お宅訪問

昨土曜日、家づくり教室で、当社で新築を建てられたお客様による、家づくり体験談と
お宅訪問を行いました。2組のお客様にお願いしまして、白岡の方は現場監督として
大宮の方は、営業として携わらせていただいたお客様。
 どちらのかたも、いきなり「こもだ建総」ではなく、始めは有名ハウスメーカーが
候補であったり、現実的に建設可能な建築業者の全てにあたったという、壮絶なエピソードを
聞かせていただきました(@@)

 お二方ともお話がとても上手で、すごいです。聞きに来られた方も、
話がとても分かりやすかったと思います。

 午前中の座学を、ソニックシティーの会議室で行い、午後はバスで、
実際のお宅に移動 訪問です。始めは、お引渡から4年、ちょうどそのころに生まれた
娘さんが、元気全開!家の中で飛び回る 跳ねまわること(^^)
これも、床が木だから大丈夫 コンクリートなら痛くて大変です。
リビングの吹き抜けと、そこに面した開放的な階段が気持ちのいいお宅です。
床板も、いい感じに焼けてきています。

次に、半年前にお引渡をした、当社展示場近くのお宅。
素材と、光と 空気と 全てに気持ちのいい家でした。
趣味の部屋に、他の家族に気兼ねなく大きな音で音楽が聞けるようにと
防音室がある家です。
音が漏れないこともそうですが、今回の寒い冬でも「暖房がいらなかった」
ほど、断熱、気密性。自分も施行中にちょくちょく顔を出したのですが、
壁の厚み、断熱材の量は半端じゃありません。
 夏の日射が、入ってきてしまうと、中が熱くなってしまうので、外で防いで
くれれば、冷房もとてもよく効くはずです。

北側の屋根に付けたトップライトが、時間帯に関係なく、家の中に
光を入れてくれ、その光をなるべく妨げないように作られた
2階の「ブリッジ」により、家中気持ち良い光に包まれます。

他、こだわりポイントはたくさんあるのですが、このへんで。

参加されたお客様の家づくりのヒントに一つでも二つでもなればいいな と思うのでした。


 

  1. 2012/05/28(月) 18:04:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

振り込め詐欺に注意

先日、自分の実家に、自分を名のる振り込め詐欺軍団から電話があったそうです。振り込め詐欺ーちょっと前はオレオレ詐欺 の手口も日に日に手が込んできているようです。
今回の手口では、
①自宅に自分を名乗る者から電話。その内容は、「風邪を引いてしまって、声がおかしい。病院を教えてくれないか?」と。
②日を改めて、「携帯電話が壊れてしまった。修理に出しているので、いつもの携帯電話は使えないー代わりの番号は・・・」と、代わりの番号まで伝えたそうです。
③日を改めて、「実は急にお金が必要で」とな。

母曰く、おかしいおかしいとは思ったんだけどね。と。

犯人は「父には内緒で」って言っていたそうですが、母は内緒に出来ませんから(^^;;
それで、おかしいと思った父が、自分に電話をかけてきて、発覚。自分の知らないところで、もう一人の自分が親とのやり取りをしていたとは。
「父が、元気か?」 自分「元気だよ?」 父「風邪は、?」 自分「へ?」

犯人は携帯番号も名乗っていたので、一応、警察にも連絡。どうやら高校の名簿あたり使ってのはんこうのようで、同様の話があるそうです。親には、年に一回くらいは同様の電話があるかもしれないから気をつけて。と。会社の同僚を名乗るなどの、話がどんどん巧妙になっているという話を聞くので、注意してもらいたいものです。
  1. 2012/05/21(月) 15:38:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

佐藤 改め 菰田 になりました。

今まで、佐藤 誠 として生きてきましたが、ゴールデンウィークを利用して
菰田 誠 になりました。 「こもだ建総のこもだです」というセリフに慣れないのですが、
これから、菰田 誠 として頑張ってまいります。よろしくお願いいたします。

ちなみに かみさんは旧姓に戻ることになるので、「別れたか!?」と思われるかもしれませんが、
別れていませんから(^^;


ちなみに「菰」「こも」とはなんぞや?
という方もいらっしゃると思います。

「真菰」「まこも」という植物がありまして、
イネ科の多年水生草 だそうです。

この、「まこも」。 神事でも使われるそうで、
出雲大社のあの巨大な注連縄はこの「まこも」で作られていたそうです(今は?)

また、大宮氷川神社では、6月5日に、真菰の若葉でつつんだ「ちまき」を奉納する
「粽(ちまき)神事」があるそうで、昔から、殺菌、抗菌力を認められていたそうです。


また、最近の話では、日本テレビでやっている「鉄腕ダッシュ」の中で
海を浄化する「ダッシュ海岸」で、「真菰」を植えて、水を浄化 という取り組みもしています。

という自分、まだ「真菰」を目の当たりにしたことがないので、実際に見なくては!

  1. 2012/05/15(火) 20:17:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出雲君結婚式

P5126523.jpg
先日、当社施工部(大工)の出雲君の結婚式がありました。幸せそうな二人(^^)
二人の門出のお祝いが、とても気持ちのいい天気の下できました。
P5126559.jpg
若い大工さんたち。一緒にがんばろう!
  1. 2012/05/14(月) 14:18:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

人災 天災 

京都での暴走車両による事故(事件) GW中の関越道でのバスの事故
先日の竜巻 昨年の大震災

いつどこで、何が起こるか分からない。

かといって、怯えてばかりでも何もできない。

  1. 2012/05/08(火) 15:08:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自然流の会 総会in高山

4/27・28と自然流の会の総会&研修として、高山にある太陽の家に行ってきました。
その一部報告をします。

4271.jpg
太陽の家は、岐阜県高山市。こもだ側はバスで行くことに。埼玉を出た時には雨でしたが、途中で雨も上がりました。
中央道で道を進めていると、埼玉では散ってしまった桜も、まだまだ見頃の場所もありました。遠くに薄ピンクのかたまりが!
4272.jpg
近づくと、桜の山でした!ちょうど満開!
4273.jpg
松本で高速をおり、下道で高山を目指します。安房峠近くの川で、川の水の色が、思いのほかきれいでないなー濁っているなぁ、と眺めておりました。大雨の影響?いや違うなぁ。水際の壁が茶色い。土か? 他の石も部分的に茶色い。河原はそんな感じの色じゃないからなんだろう?なんだろう?と眺めていると・・・
4274.jpg
色の元 発見!何か鉱物(鉄か?)が流れ出ているだろう所がありました!
こうやって、鉱脈って見つかるのかな?埼玉でも和銅が大昔に発見されましたが、こんな感じなら発見できるな、などと思いながら車窓を眺めていました。
4275.jpg
峠の近くでは、まだ雪がありました。
4276.jpg
ほぼ定刻の14:00 太陽の家に到着。
4277.jpg
小林住宅工業側のメンバーは、自家用車などでバラバラと集合。そして、研修が始まりました。
4278.jpg
太陽の家の北側に立つ、御神木。幹回りは二人でも手が届かないほどの太さ。それなのにまっすぐ伸びている!そのまっすぐさにびっくり!
4279.jpg
太陽の家から、乗鞍岳が見えます。まだ山頂には多くの雪が。
4280.jpg
総会が終わって、最後においしい「じねんじょ」のとろろご飯が食べられる食堂でランチ。そこで解散しました。

小林住宅工業では、この高山の地で、無農薬米づくりなどに取り組んでいるのですが、こもだでは無理。まだ、そこまで領域を広げられる状況ではありません。本業の「建築屋」としてがんばって行こうと思います。
  1. 2012/05/01(火) 23:11:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0