FC2ブログ

菰田誠の工務店日記

住まいについていろいろ考えます

山長商店の長期優良住宅ブランド化事業 きのくに家 の家 上棟

当社では、日頃より、紀州 和歌山県の山長商店の厳選された桧・杉材を使ったいえづくりをしています。この度、その山長商店の長期優良住宅ブランド化事業提案で採択された 「きのくに家」 の家 上棟しました。

そして上棟式を行いました。もちつき~祝詞~福銭まき~集合写真~宴席~鳶の木やり~社歌~ と、当社ではお決まりの流れですが、記念になれば嬉しいです。

担当営業が、お客様夫妻、親子をみて「仲良いですね~」と。うらやましそうに。そう言ってる彼も仲良しファミリーなんですけどね。 
スポンサーサイト
  1. 2013/03/15(金) 19:45:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SAREX ワークショップ

3/14はSAREXの月例ワークショップ。今日のメインの話〜米沢慧氏『病院で死ぬのはもったいない』の著者〜
〈いのち〉を受けとめる新しい町へ…ケアタウン そして市民ホスピスへ 二人の医師の活動から

の話でした。


医療を核とした「地域」

「地域」の核 に工務店がなれるか?

⇒地域の核づくりに、力は出せる気がする。


最近よく思うのだが、「地域」の再構築が必要と思う。


なぜそう思うか。

「しっかりした、長く、安心して、健康で快適に過ごせる家を創ります」
でも、そこが住みたくない場所になってはしょうがない。

住んでいて、誇れる場所、地域でないと!と、思うのです。

  1. 2013/03/15(金) 19:29:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HEAD研究会 工務店部会

3月13日 夕方6:00から
千代田区外神田の廃校をリノベーションして、様々な活動で使用されている
アーツ千代田3331にて、隔月に行われているHEAD(ヘッド)研究会の
定例会がありました。
HEAD研究会HP

自分は個人会員として参加しているのですが、この会がどこにたどり着くのかが気になって。

HEAD研究会では、様々な部会があり、不動産部会、建材、流通、リノベーション、設計などなど。

それらの方々とどう新しい何かが生み出せるか?

雲をつかむような話~賛否両論あると思いますが、自分は楽しく参加させていただいております^^

  1. 2013/03/15(金) 19:19:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SAREX工務店型未来住宅開発研究会 第四回


3月12日(火) 上記タイトルで東京の千駄ヶ谷駅近くにある、業界紙 新建ハウジングさんの会議室を借りて集まりがありました。
そのお題「2020年の工務店」
前段で、2020年という時代の想定をしてみる。実は、それが大変なことであって、それをどう予測してるかによって、対応も当然違うものになってくる。
 高齢者人口・比率は増える。
 生産人口は減る。
 東京都市圏の人口は微増
 地方の過疎化は進む
 全世帯数 2014年ピーク そこから下がっている。
 世帯人員2.49人
 単独世帯が増え続けている
 などなど・・・。

2020年  先のようですけど、あと7年後。
逆に7年前を考えると2006年。
小学校6年生だった子が、大学生になっちゃうくらいの年月。

すぐですね。。。

予想される2020年での工務店の課題20が考えられ、

それをクリアしているのが2020年の工務店!と。

切り方が面白い。


その中の課題の1つで、「専門工事業者も急激に減少 人財育成・確保が必要」と。

確かにあり得る話です。

どこの業界でもそうかもしれませんが、人手不足になりそうな状況を、
機械化であったり、工業化、合理化で、人を育てるということとは別の方向で
乗り越えてきました。

でも、この先、縮む時代。

膨らむ時代は、合理化、効率化でよかったわけですが、

これからは「人」。対応力 のような気がします。
 
  1. 2013/03/15(金) 18:57:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

311 大地震から2年。

早いもので、あの大地震から丸2年が経ちました。
〇地震による被害
〇地震⇒津波による被害
〇地震⇒津波⇒原子力発電所による被害

さまざまな傷跡がまだまだ残ります。


どうしても、巨大地震の起きるスパンが、
人間の一生と比べてとても長いので、
「巨大地震が起きませんように」と思いがちですが、

「起きるもの」と心していなければと思っています。

この日本に生きる以上、
寒い日もあれば、暑い日もある。冬の乾燥や
春の嵐、梅雨のジメジメ、秋の台風、そして地震

自然環境が豊かな反面、厳しさもあります。

ただ、考えようによっては、「地震」そのもので命を落とす確率は低い。

大地が揺れる⇒それによって引き起こされるさまざまなことが震災になる。

それによって様々なライフラインが断たれる影響も大きい。

水、電気、ガス、情報・・・

情報は・・・災害時は「ラジオ」が強いですね
ガスは・・・プロパンだったら、自分で復旧してしばらく使えますね。
電気・・・自分で発電できれば・・・発電機だったり、太陽光発電パネルだったり。電気自動車なんてのも。
水・・・これは簡単に備蓄ができる。飲料水はストックがあった方がいいですね。


「家」は生活の拠点なので、災害時でも拠点としての機能があれば理想的ですね。



  1. 2013/03/11(月) 09:53:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リアル100年住宅

先日、地鎮祭に行ったお宅には、茅葺屋根の昔ながらの農家の家がありました。
お客様のご厚意で、中も見させていただいたのですが、この地域でよくみられるような
農家の作り・・・南側に開口部が多く、柱は極端に少ない。
今の住宅は「壁」で地震力・風力に耐えるという発想ですが、そのような「壁」
は、皆無に等しい。にもかかわらず、この建物は、昔から今まで存在し続けている。
数多くの地震や台風・梅雨の湿気や夏の猛暑、冬の空っ風を乗り越えてきている。

それは、建物を支える「軸組」がしっかりしているからに他ならない。
しっかりした「柱」「梁」を的確な「技」で組み上げたものは、
長持ちすることを証明してくれています。

ただし、維持することも大変です。
最近の住宅のように「家じゅうあたたかい」というわけには行きませんが。


  1. 2013/03/04(月) 10:13:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中小企業家同友会

中小企業家同友会 という組織をご存知でしょうか。

サブネームで「社長の学校」と言うそうです。

当社としては、会長が関わってきましたが、今年になって、自分が参加するようになりました。

その、新入会員向けオリエンテーションが行われました。

おさらいの為に整理すると、

重要キーワード
  ①同友会理念
  ②同友会運動
  ③経営指針
  ④労使見解
  ⑤グループ討論

中身は
  ①同友会理念・・・3つある
    Ⅰ三つの目的
      一 良い会社を作る(永続できる会社)
      二 良い経営者になる(人間的な成長を図る)
      三 良い経営環境を作る
    Ⅱ自主・民主・連帯の精神(※政党の話ではない)
    Ⅲ国民や地域と共に歩む中小企業(地域に必要とされる… 雇用 継続)

  ②同友会運動
    Ⅰ企業づくり
    Ⅱ人づくり
    Ⅲ仲間づくり
    Ⅳ地域づくり

  ③経営指針
    Ⅰ経営理念
    Ⅱ経営戦略(方針)
    Ⅲ経営計画


  ④労使見解…経営者である以上、いかに環境が厳しくても時代の変化に対応して経営を維持し発展させる必要がある
  ⑤グループ討議…同友会の活動の基本スタイル

とのこと。

ちなみに、こもだ建総の経営理念は

「住まいづくりを通じて、地域とお客様の利益を本位とする」

これからの街と住まいのあり方について追及、提言をし、日本の気候風土に適した明るい健康的でこれからの高齢化社会を考えた、100年住める家づくりをすること。また、かけがえのない地球環境を守り、次世代に配慮した自然素材を使用した土に還る家づくりをすること。

です。

工務店の仕事は、「地域」なくして成り立ちません。(ここで商品を作って、あっちで売る という仕事とは根本的に違う)

地域の発展…(20世紀的イメージ(開発)ではなく。)より自分たちが誇れる地域づくり…へ関わってゆけたらと思います。 



 
  1. 2013/03/01(金) 11:56:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エコハウス&エコビルディングEXPOに行ってきました。

タイトルの通り、「エコハウス&エコビルディングEXPO」という展示会がビックサイトで行われているとのことで行ってきました。スマートエネルギーWEEK2013 ということで、同時にさまざまな展示会が行われており、「エコハウス&エコビルディングEXPO」の会場は、「第四回太陽光発電システム施工展」と「第一回国際風力発電展」と「第三回国際スマートグリッドEXPO」と連続した場所でした。また、通路を挟んで「第六回国際太陽電池展」というイベントもやっていました。

非常に大勢のビジネスマンが来場していました。

が、「これはいい!」と、思ったものは発見することができませんでした。

太陽光発電に関しては、「住宅向け」「メガソーラー向け」その架台、や施工、支持のシステムなど
また、電気を「作る」「ためる」「使う」のコントロールなど。

風力発電は、「家庭では実用的でない」という目で見てしまい・・・。(費用対効果が低い)

スマートグリッドの話は、個別の住宅の領域を超えてしまっているので。

「エコ」という言葉に惹かれて行ってきましたが、中心が「電力問題」が中心のようで、

期待したよりも面白いものではありませんでした。

地球環境問題を意識しつつも、設備の値段ばかりが上がる提案はしたくありません。

何か、まだ混沌とした感じがしました。

  1. 2013/03/01(金) 11:22:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0