FC2ブログ

菰田誠の工務店日記

住まいについていろいろ考えます

染谷花しょうぶ園に行ってきました

P6180770 - コピー
染谷・・・会社の近くの地名なのですが、そこにこの季節しかやっていないしょうぶ園がありました。正直、最近までその存在を知らなかったのですが、先日行ってきました。
入場してみると、かなり本格的。全体の雰囲気もすばらしく、地元にこんないいところがあるなんて!と、驚きました。
開園期間が6月末までなので、お時間がある方は、この土日でどうでしょうか。
P6180778 - コピー

P6180817 - コピー

P6180796 - コピー
スポンサーサイト



  1. 2013/06/29(土) 08:29:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

方丈記

なぜか、「方丈記」が、すごく気になり、現代語版ないかな?と本屋に行くと、
なんと朗読版があるじゃないですか! ということで、買いました。
車の中で聞いています。

学生時代の「国語」その中の「古典」の授業でちょっとやったような・・・
もっと学生時代にちゃんと勉強しておけば・・・
国語なんて、日常のやり取りができればいいじゃん!と、言い張っていた自分が、
今さら古典文学に興味がわくとは。

というか、「古典」と、思うから敬遠気味だったような。

その時代を生きた、ある人の考え。 と思うと、その時代が見えてくるような。

時は、平安時代末期  1100年代後半 平安時代から鎌倉時代になろうかという時代。

自分が生まれる800年くらい前の事。(自分の40代くらい前の先祖はどこで何をしていた人か…)


冒頭の文章は

行く河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消え
かつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある、人と栖(すみか)と、またかくのごとし。 と。

いや~ 覚えていたのは、本当に最初の一文だけで、 すぐ後に、『人と家もそうだ』 と、あるとは、改めて気が付きました。


------
国の施策で、中古住宅流通やリフォーム市場を活性化させようとしています。

日本の住宅ストック数から、世帯数を引くと、800万戸くらいだそうです。

=800万戸の人の住んでいない家がある。(=空き家)

「人」を考えても、すでに減少してきていて、これから減少が続きます。

-------
都市は生きている・・・完成はない

新陳代謝を繰り返しながら、都市はあり続けている

それが、川の流れのように感じるような気がするのです。


------
趣味で、京都を目指して中山道を歩いています。中軽井沢まで行きました。(最近は歩けていませんが。)

中山道ですと、街道ですので、当然、宿場町があります。

街道沿いに町ができました。

明治時代に鉄道ができ、その町の近くに駅ができました。

昭和には国道ができ、国道沿いに店が増えました。

最近では、バイパスができ、沿道に大型店舗ができます。


碓氷峠もそう。

昔の人が歩いて越えた道を歩きました。

そこには、昔、茶屋があった場所などがありました。

今はもう石垣だけのところもあります。歩いて峠を越える人いませんから。

国道18号の脇にあったドライブインの多くは営業していません。

バイパスができ、高速道路ができ、新幹線ができ…

横川駅前の釜めしで有名なおぎの屋さんは頑張っていますが、

新幹線は横川には止まらずに、軽井沢についてしまいます。

昔、トイレ休憩で必要だった「ドライブイン」が、必要なくなり、

または、「コンビニ」にとってかわられています。


建物も家も、産業とは切っても切れない関係。

東京に完成はないでしょう。

でも新陳代謝のペースは様々です。

東京は、古いビルが壊されたと思ったら、すぐに新しいビルが建つ。

逆に、中山道の宿場町で長野県にある「奈良井宿」などは、まるで江戸時代に

タイムスリップしたかのよう。それでも、最近は、そのように新陳代謝しているのです。


生きているうちは、ペースが遅くても更新・蘇生されます。

建築にとっての死は、オーナがいなくなり、そして、その周辺に人がいなくなった時、

ただ朽ち果てるのを待つのみになります。


------
方丈記の時代に戻ると、

京都の町で、大火事が起きます。1/3が焼かれるような。

そして、大風で、建物、屋根や板が飛ばされます。

そして、大飢饉 町中に餓死者があふれ

そして、大地震。 時代は武家社会へ・・・。

結論的な部分はまだ読み込みが足りないのでなんとも言えませんが…。

------

今がそんな時代だとは思いません。

かといって、全ての物 都市が全盛期のままで残れることもありません。

その現実を踏まえ、

ゆっくりとした新陳代謝に耐えうる社会にするために、

しっかりした家を作らなければならないと思います。





 
  1. 2013/06/15(土) 18:56:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

嬉しい上棟式

IMG_0156.jpg
昨日は、さいたま市内大谷口の現場で上棟式を行いました。
JR武蔵野線で、南浦和から東浦和に向かってに走っているときに、
進行方向の左側を見ていると、茅葺屋根の家があります。そのお隣で工事をさせていただくことになりました。
こういった歴史のある家のオーナーの方に工事を頼まれるのは嬉しいことです。

昔は、茅葺屋根の家も多かったそうですが、今現在では、このあたりではこの一軒になってしまったそうです。

また、お施主様のおじさまの家を当社で十数年前に新築しており、上棟式にも参加していただきました。
IMG_0160.jpg
お施主様に「いい選択をした!」と、おじ様。大絶賛していただき、こちらも嬉しい限りです。
IMG_0158.jpg
親戚の方も大勢見えられ、にぎやかな上棟式になりました。
裏山で取れた、タケノコの料理など、たくさんのご馳走をいただきありがとうございました。

棟梁も締めのあいさつを任され、一層気合が入った模様。
(※写真で立っているのは、この現場の棟梁ではありません※)

隣の母屋同様、長く愛され続けられる家を作らなければと と改めて感じました。


  1. 2013/06/10(月) 19:14:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感謝デー 無料包丁研ぎ まな板削りを行いました!

本日6/8(土)感謝デーといたしまして、無料包丁研ぎ、まな板削りをおこないました。工事中は、なにかと近隣の方にご迷惑をかけてしまっていることもあると思います。なかなか、そのお詫びとお礼の意を込めて、感謝デーといたしまして、このような企画をやらせていただいております。今年は梅雨入り宣言は早かったですが、天気にも恵まれ、大勢のお客様にご来場いただき、ありがとうございました。本社 本社前
本社2
本社3


天沼1大宮区天沼 展示場
天沼2

元町 浦和区元町 顕昌寺(けんしょうじ)
元町2
元町3

元町4

青葉
見沼区 青葉団地
青葉2
青葉3青葉4

画地で花がきれいに咲いていました
花1

花2

梅1

お客様からおいしい差し入れもいただきました☆
差し入れ






  1. 2013/06/08(土) 19:08:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サッカー日本代表 オーストラリア戦inさいたまスタジアム

始まった時間でしょうか。勝つことを祈ります!
  1. 2013/06/04(火) 19:34:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新築祝い

先日、新築工事をしたお客様に新築祝いでお招きいただきました。
こもだの工事関係者が皆、招待されて、おいしいお料理&お酒&ピアノの生演奏&お土産までいただきました。

本当に喜んでいただいて良かったなぁと思う瞬間です。
関わったすべての職人が集まることもできないのですが、
こうやって喜んでいただけるのは、皆が一生懸命やったからだと思います。

敷地の決定から相談にのっていたので、それが、こうやって完成して
そして喜んでいただいている。ほんとうにいい仕事だなぁと感じました。
  1. 2013/06/03(月) 21:10:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

携帯電話ケースを買いました

携帯ケース
ウォールナットで作られた、携帯電話ケースを買いました。木の感触と精度の高さ&繊細なレーザー刻印が心をくすぐる商品です。2K540という、御徒町と秋葉原の間、京浜東北線、山手線の線路の下にいろんな工房が集まっている商店街にある、hacoaというお店の商品です。

ここのお店で、とても質感の高い「木製キーボード」が売っているのですが、かなりのお値段。さすがにそれには手が出ません。

  1. 2013/06/03(月) 21:00:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0