FC2ブログ

菰田誠の工務店日記

住まいについていろいろ考えます

住まいづくりナビセンター リフォーム相談会

ナビセンター
先週の土曜日に、東京都中央区晴海のトリトンスクエア内にある「住まいづくりナビセンター」にて行われた、
工務店7社によるリフォーム事例紹介&リフォーム相談会に参加してきました。
住まいづくりナビセンター
当社は、起振l機(実際に建物をゆらす)による耐震診断&耐震補強の話をしました。
といっても時間が7分と限られていたために、本当にサラッとした話しかできませんでしたが。

スポンサーサイト



  1. 2014/06/30(月) 20:53:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

テレビの大きさ 4Kとかの話

只今、ワールドカップブラジル大会中ですが、盛り上がっているでしょうか?
自分、日本代表には頑張って勝ってもらいたい!と 思っていますが、気になってしょうがない というほどではありません。

オリンピックの時には、テレビの買い替え需要が多いと聞きますが、ワールドカップではどうなのでしょうか?

さて、リビングとTVの関係。 TVが登場した時から、一番人が大勢集まれる部屋に、一番大きなTVをおく という関係が出来て、もう  50~60年でしょうか。最近目にする「4K」テレビ。4K=よんけー と呼ぶようです。家電メーカーは力を入れているようですが、それがどうしても欲しくて・・・という人がどれだけいるか。。。 もう完全に過去のブーム(にならなかったですが)3Dテレビ の二の舞に というか、技術としては確実な進歩で、後戻りする話でもないのですが、正常進化というか、イノベーションではないので、爆発的なヒットには結びつかないだろうということは誰もが思うところではないでしょうか。

で、4Kは何がすごいのかというと、今までのフルスペックハイビジョンが1920×1080個の点で画面を表示していたものが、縦も横もその倍の個数の点 3840×2160個で表示できるということなんです!すごいでしょう!!

すごい!と 思うのですが、多くの人にとっては「へー」くらいな感想だと思います。

で、例えば、今のTVのサイズで画面が荒くてしょうがない というのであれば、この精細化は意味にあることだとは思いますが、そうでなければ、この技術はTVの大型化の為 と考えるのがいいでしょうか。

そこで、今のTV事情をちょっと調べる為に、家電屋さんでカタログをいくつかもらってきました。そして、一番大きなTVのサイズの確認 大きい順に

SONY 85インチ
東芝  84インチ
シャープ 80インチ
パナソニック 65インチ などでした。

この85インチのテレビのサイズは 横幅195cm 高さ115cm と最近の室内ドアを横にして上下を少し伸ばしたくらいのサイズ でかいですね。

で、昔のテレビは、大きいほどTVからの距離を置いて見るような そんな目安の数字があったのですが、
今のカタログにはその数字がありませんでした。(パナソニックだけ計算式みたいなのがありました)
今のテレビは、高精細なので、大きくなっても離れてみる必要がないというような話で。


またちょっと違う視点で考えてみます。
カメラで撮る画角について。
これが、いろいろ換算しないとならないので直感的につかみづらいのですが、
よく標準的な画角と言われる、(35mm換算) 50mm とか35mm とか28mmとかの
「角度」は「何度か?」ということからの確認。それはレンズのカタログから見ると
28mm=65°
35mm=54°
50mm=40°

ということがわかった。
で、この撮影した画角と、見るときの画角が同じであれば、その時のその場の一部を切り取ったように見えるのかと。

この角度、見る位置が画面に近づけば大きくなり、遠ざかれば小さくなる。
で、計算した結果、
28mmで撮影した画像は、TVの横幅の0.78倍の距離で見ればいい感じ
35mmは0.98倍
50mmは1.37倍

実際に28mmの0.78倍というのは、画面に近すぎだろうと思う。
35mmは、ほぼ画面の横幅と同じ距離をあけてみればいい。
50mmはちょっと離れた感じ。

仮に画面の横幅が1mとすると(46型くらい) 28mmの場合は78cm 35mmは1m
50mmは1.37mの離れ距離となる。

また、実際の人間の視野角はもっと広いので、(120°くらい?)
50mmのカメラで40°ずつずらして3台カメラ&モニターで出力したら、そこそこの臨場感?
になるのか・・・どうか。

これで、かなり突き詰めてゆくと、何年か前の愛地球博で見たドーム型スクリーンがいいのかなと思う。

建築 家電 +ソフト が揃えば・・・今の技術でもできる気がする。
1ショットで360°撮影できるカメラは既にあるし、綺麗なドーム(スクリーン)を作るのは、現場だと厳しいか 工場生産+現場での組立か と 投影技術 今はニーズがないから作っていないだろうけど、今のレンズ技術やプロジェクターの技術 プロジェクションマッピングなどの技術があれば可能だろう。

バーチャルルーム。

でもやっぱり、そこにも需要はないかな。。。

大型化 高精細化 その先に リビング革命があるかないか  まだ見えませんでした。




  1. 2014/06/17(火) 21:25:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地域型住宅ブランド化事業 3年目に突入

表題の「地域型住宅ブランド化事業」とは、平成24年度からはじまりました。ざっくり説明すると、地域で家づくりのグループ(山~製材・加工~設計~施工)として、その地域にあった優良な「地域型住宅(長期優良住宅の認定を受けることが必須)」をつくり、ブランド化しようという取り組みに対し、補助金がおりる事業です。

そのグループは、全国にたくさんあるのですが、我々こもだ建総が入るグループは、「林産地と都市の循環型社会を目指す紀州材の家づくりネットワーク」略称きのくに家(や)ネットワーク  というとても長い名のグループです。社内的には「山長さんのグループ」などと言っています。

そのグループの総会が本日行われました。
14061701.jpg

社内的にも関わっていない人がこれを理解するのが難しいように、お客様にとっても、「一度の家づくり」で、この全体像を理解するのは無理ではないかと思います。

ちょっと斜めから見た話をすると、大手ハウスメーカーでない 地域小規模工務店が「長期優良住宅の認定取得件数」を増やすための施策です。

この「長期優良住宅の「認定」」をとっていると、補助金やさまざまな減税、保険などの割引等、様々なメリットがあるにも関わらず、工務店の人間は、その面倒さが故に、説明しなかったり、認定取得をすすめないところが多いようです。
実際に、建物にかかる費用が上がったり、着工までの期間が余計にかかったりするので、目先のデメリットがあるのも事実です。 しかし、建物を40年 50年という視野で考えたときに、その「認定」が生きてくるだろうと思っています。

で、このブランド化事業の補助金を利用するには、その「長期優良住宅の基準」+グループの提案内容ごとに違う「+α」があるのです。

このグループの場合、〇主要構造部(柱・土台・梁・桁)に紀州材を50%以上使う 〇母屋・棟木・小屋束・地束・火打・大引・間柱・スジカイ・垂木・根太に紀州材を使いプレカット加工とする。〇躯体に使う金物を指定メーカーのものとする などなど の規定があるのです。

この規定は、グループによって違うので、実際にお客様がグループごとの規定内容を理解するということはとても大変なことのように感じます。

今年が3年目のこの事業 来年以降続くかどうかはかなり?ですが、今年度はあります(まだ実際には採択前・・・6月下旬には発表予定)ので、家づくりをご検討中の方は、対象になるか担当営業にご確認ください。
  1. 2014/06/17(火) 19:34:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大宮東地区警察官友の会 総会

にて、感謝状を頂きました。光栄なことです。

住む地域の治安が良いに越したことはありません。
住む人、働く人、一人ひとりが、自分たちの地域が住みよい地域になるようにすれば
ものすごい良い地域になると思います。

また、昨年から急激にオレオレ詐欺の被害にあう人が増えているとのことです。

実際、自分の実家にも何回か かかっています。

自分の息子とのことでも簡単に信じない くらいの用心が必要です。
  1. 2014/06/17(火) 18:47:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感謝デー 無料包丁研ぎ・まな板削りを行いました

6/14(土)に感謝デー といたしまして、無料包丁研ぎ・まな板削りをさいたま市内の4カ所で行いました。
P6140042.jpg
一番大勢集まるのが、浦和区元町の顕昌寺会場。
P6140008.jpg
P6140031.jpg
P6140056.jpg
今年は若い大工さんばかり6名を集めて終日包丁を研いでもらいました。ご苦労様でした。
P6140129.jpg
見沼区御蔵の本社前会場
P6140123.jpg
見沼区南中丸の青葉住宅団地自治会館脇会場
好天に恵まれ、暑い一日でした
P6140093.jpg
大宮区天沼町の展示場会場
P6140094.jpg
遠山棟梁と伏見君
P6140137.jpg
まな板は、一旦、作業場に持ち帰り、機械で削ります。使い込んだまな板ほど薄くなってしまうのですが、
とてもきれいになります☆

次回は12月に行います。今回を見逃がした方は、12月までお待ちください☆
  1. 2014/06/14(土) 17:57:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中学時代の同窓会 in北浦和

同窓会集合写真
中学校時代の恩師 大澤先生 を囲んでの同窓会が、北浦和駅の西口近くのイタリアン&ワインのお店「クチーナ エ バル アイノ」でありました。このお店、この中学校の同級生のガク君がやっているお店で、ちょっと大人の雰囲気がいい店です。自分の今の住まいとも近く、なにかとこの店に集まる機会が増えました(^^)
 中学校の時以来・・・というか、知ってはいたけれど、話すのは初めてみたいな方々もいて、とても懐かしくも新鮮かつとても賑やかな集まりになりました。そして意外なのか意外じゃないのか?ですが、今でも浦和大宮周辺に住んでいる方が多い。当時、自分は蓮田から通っていたのですが、そのころにはわからなかったのですが、今の住まいの近くや会社の近くに住んでいる方も多くいました。
 何十年ものブランクがあってのお酒の席 時間が飛ぶように流れ・・・あっというまに時間が経ち、帰る時間になってしまいました。 来年の新春に、同学年全員に召集をかける大同窓会があるそうなので、また再会できるのを楽しみにしています。
  1. 2014/06/14(土) 17:42:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手放すときを考えて注文住宅を建てられるか?

家を建てるという事が、「消費」ではなく「投資」になればいいと思う。

ここでいう「消費」というのは、木造住宅の場合、今までの日本の住宅評価だと築20年を過ぎてくると
建物の価値はほぼなくなるという評価。

「投資」というのは、例えば、30年経っても40年経っても手放すときに、建物の「建物としての価値」が
残るのであれば、多少余分にお金をかけても、それ以上に残ればいいということです。

現実的には、注文住宅で建てられる方は、「手放す時」など 考えないでしょうし、考えたくもないでしょう。

でも、今の技術で考えれば、住宅も50年 100年と住み続けられる(当然 メンテナンスも必要ですが)
と思います。

長い目で見ると、建物の性能の変化より、住む人の変化の方が大きい現実があります。

家族構成の変化 子供が出来れば、増え、成長し独立すれば減り、嫁・婿が同居すれば増え、
亡くなれば 当然減ります。

今の日本の一般的な住宅を考えると、その変化にうまく対応するようには考えられていません。

というか、ありがちな話として、昔は5~6人で住んでいたけれど、今は一人で住んでいる というような。

住み慣れた、その場で、多少大きくても住み続ける という方が多いとは思いますが、

お年寄りの一人暮らしも、危険や不便が多いもの。

そんな時は、思い切って その家を「手放す」ということも考えられうる話だと思います。

「場所」と「建物」があっていれば、それを求める次のオーナーも現れる可能性が高く、

逆にミスマッチ・・・(地価の高い駅前に平屋など)だと、古い家にお金をかけても 手放すときには

解体されて、3階建てが建つ・・・それはそれでありですが。


まだまだこの先、日本の住まいのあり方、街の在り方・姿は変わってゆくような気がします。

先走り過ぎても駄目ですが、「いいタイミング」があるのも事実。

オーナーは変わっても、建てた家が100年後も残っている そんな仕事ができればいいなと思います。
  1. 2014/06/11(水) 11:22:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

次の日曜は「父の日」です

次の日曜は「父の日」です。母の日より地味な存在ですが。

ふと こもだのスタッフの「父(=奥さんがいて子供がいる)率」を調べてみました。
結果 60%が父 10%が夫ではあるが父ではない 30%が単身 でした。


今後はますます、子なし世帯や単身世帯が増えてゆく・・・
(以前聞いた話で、全世帯のうちの半数以上が単身or子なし夫婦になったという話を聞きました・・・)
状況で、
いかに「住環境」を豊かなものにしてゆくか。

人口が1割減るという事は、いままで100人で使っていたものを、90人で使える 
と考えれば、豊かなことかもしれません。

今あるものをうまく活かしながら、豊かな生活の演出ができればいいなと思います。

 
  1. 2014/06/11(水) 09:31:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中古住宅流通の話

少し前の話になりますが、JBN(ジャパンビルダーズネットワーク)中古住宅流通のワーキンググループ活動報告シンポジウムを聞いてきました。

中古住宅流通
資産価値向上
長期優良化リフォーム

ひとつひとつのことについていろいろ考えがあるのですが、

ざっくり言うと、現状新築では、いい家を建てて、長く使ってほしいということ。
長く使うには、一つは、オーナーが住み続けることが理想だとは思いますが、
住み替えという発想があってもいいのかも。
その時=手放すときに建物の資産価値が高い方が=高く売れる方がいいだろう
そもそも、資産価値の高い建物とは・・・という価値基準を明確にしたのが、
住宅性能表示制度 
その要所要所をクリアしているのが、長期優良住宅

その基準に今既に建っている建物もあてはめられるようにリフォームをするのが、「長期優良化リフォーム」

売る値段が上がるという事は、それを買う値段も上がるという事。

今は築20年以上の戸建て住宅の建物の価値はほぼ0(固定資産税的にみて)ですが、
これからは、固定資産税が0にならない時代が来そうです。

中古物件を買い求める人にとっても、ある程度のお墨付きがついて、今までよりも値段が上がる 
ということが考えられます。

それで、流通が活性化するのが 国の目論見なのですが。

それとは全く違う発想で、新築住宅取得には今より高い税金をかけて、中古住宅取得には今より税金を安く抑えれば、
中古住宅への注目度は上がるでしょう。

でも、そうはしていません。

ちょっと政策の過渡期を感じます。





  1. 2014/06/04(水) 16:32:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0