FC2ブログ

菰田誠の工務店日記

住まいについていろいろ考えます

お客様アンケート

当社では、新築工事と一定規模以上のリフォーム工事をされた方に、アンケートをお願いしています。
それを見ると、お客様に喜んでいただけているかどうか、不満があったかなど、察することができます。
ですので、アンケートを開くときにはいつもドキドキします。
が、喜んでいただけいると、「ああ この仕事はいい仕事なだなぁ」とつくづく感じます。
また、私ではなく、実際に工事を行った大工さんや、営業、監督、コーディネーターなども
「頑張ってよかった」と思うはずです。
 ものづくりに関る仕事は数多くありますが、直接お客さまのものを作る そしてお客様に長く
使っていただき、その使用感を感じられる。それがずっと喜んでいただける仕事ができたなら
本当に素晴らしい仕事だと思います。
 リスクはあります。もしダメなものを作ってしまったら、ずーっと「ダメ」を出され続けるわけです。
買い換えてくださいという訳にはいきません。だからこそ、自信をもてる家づくりを続けなければなりません。

そこが、注文住宅しか手掛けていない会社と、そうでない会社の差があると思います。
構造見学会などで隠れてしまう部分も見てほしいという会社と、
隠れてしまうんだから見せられるものじゃないという会社もあると思います。

より お客様に喜んでいただけるように 本質的な仕事の部分で がんばります。 




 
スポンサーサイト



  1. 2014/09/25(木) 20:27:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地震のあとの緊急地震速報

今日、事務所で昼食をとっていると
「ガタガタガタガタ」と小刻みな揺れ そのあと大きく揺れて、
携帯電話の緊急地震速報が鳴り出しました。

会社のあたりは震度3~4程度だったようです。

震源は、茨城県南西部。

埼玉県はこの茨城県南西部を震源とした地震でよく揺れます。

首都直下型地震もいつおこるか分からないと言われています。

日本で暮らす以上、地震は避けることはできないので、
その、備え・・・家具を固定するとか、家の傷んでいるところを直すとか
そういった対策をしましょう。
  1. 2014/09/16(火) 19:11:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大黒柱

大黒柱
大黒柱 
あこがれて入れました。昔の農家の作りの家にはあったのでしょうが、最近の家では見かけません。
間取りによっては「邪魔」とか、必要ないとか。
自分の実家にも、嫁の実家にもありませんでした。
それでも、自分の家には入れました。凛と立つ大黒柱を見て、「じ~ん」ときました。

昔の家は、今の家ほど、ごちゃごちゃした間取りは少なく、柱の本数も少なかった。
なので、この大黒柱やそれに四方からかかる大きな梁は構造的にも重要だった。

今の日本の住宅は、「過渡期」のような気がします。安定期ではない。
なので、建ててから、解体までのサイクルが短い。

自分たちの仕事 一つ一つが、後世に残る「資産」になることを願います。



  1. 2014/09/10(水) 19:43:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サーモウッド 工場見学

IMG_5669.jpg
先日、木製サッシのメーカーさんから是非工場を見ていただきたい とのことで、工場を見に行ってきました。
IMG_5669t.jpg
元々そのメーカーさんは、木の電柱や枕木を生産していたとのこと。それからウッドデッキ材などを経て木製サッシもと。
木製サッシは、断熱性能的にはいいのですが、やはり「木」の基本的な性質として、外部で使用すると変形したり腐ったり
するといった問題があります。そこで、そのメーカーさんは、ウッドデッキ材・・・耐久性を持たせるための研究・・・のノウハウを活かし、サッシ生産も という流れ。
自然の摂理としては、木は自然に還る のですが、いざ建築や住まいの一部と考えると、自然に還ってもらっては困るもの。という感覚が一般的でしょう。
そこで、自然に対する抗生 風雨・シロアリ・腐朽菌等 を持たせるべく、化学的な処理を日々研究し、おこなっているようでした。
また、そういった薬剤処理ではなく、「サーモ処理」・・・要は熱を加えることによって、耐久性を持たせる技術ができたとの
ことで、それならばうちでも使えるのではないか?と思い、興味を持った次第です。

「木」を活用するには、様々な手法が考えられますが、当社では極力自然な形での利用をしたいと思っています。
それは、いい 悪い の話ではなく、希望・願望です。
大きい断面の材料が必要な時に、大径木だけしか扱わないと言ってしまったら、トータルとしてとても高いものになって
しまいます。
また、接着や表面処理の薬剤が人体に与える影響も全部が調べられているわけではないので、使わないで
済むのであれば、そうしたいと思っています。

「良い」という判断基準を どうもつか。 いろいろと考えさせられる貴重な現場見学でした。


  1. 2014/09/03(水) 21:45:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0