FC2ブログ

菰田誠の工務店日記

住まいについていろいろ考えます

そろそろ夏本番に近くなってきました

まだ梅雨明け宣言はありませんが、夏本番が近付いてきています。
会社では冷房がかなり活躍していますが、

自宅ではまだほとんど冷房を使っていません。
冷房を使ったのは、暑かった7/3と7/7だけです。

室温を見てると、だいたい28℃~29℃。

涼しくはないですが、冷房を入れなくても
なんとか過ごせる というような温度。

うちの特徴として、日中の温度はほとんど上がらないのですが、
夜間の温度低下もほとんどない ということがありまして、
最低室温も27℃~28℃ 最高室温も28℃~29℃という感じです。

でも、そろそろエアコンに頑張ってもらう季節かもしれません。

さいたま市の気温 夏には一日の平均気温で30℃を越える日が
やってきます。

平均気温で30℃を超えると、どんなに家の外皮の断熱性能を上げても
冷やさない事には 冷えません。

※冬に暖房要らず というような日射取得の多い家は、外で日射を防いでやらないと
家の中が、灼熱地獄になります。

そう言った意味では、日中 外よりは明らかに涼しい家の中ですが、その日の最低気温ほどまでは
建物が冷えない 特性があります。

で、どうやって、建物内を冷やすか・・・自然エネルギーをどう生かすか 考えるのですが
費用対効果を考えると、「エアコン」が一番かなと。

地熱とかの利用も考えるのですが、その効率とか考えると いろんな意味であまりよく無いような気して
エアコンを使うようにしています。

IMG_4107.jpg

エアコンでの消費エネルギを少なくする為に 今年も緑のカーテンやってます。そろそろゴーヤの実がついてきましたIMG_4105.jpg
今年は、「白ゴーヤ」と言う品種が多く 見慣れないと かなりの違和感を感じますが
収穫するのも楽しみです。






スポンサーサイト



  1. 2016/07/14(木) 15:52:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上棟祝カステラ!

上棟祝いカステラ
初めて見ました!先日 上棟を迎えたお客様が 上棟式の手土産に用意してくださいました。上棟式をやっていただけるだけでも有難いことなのですが、お客様が「余興」まで用意していただきまして 楽しく盛り上がった上棟式でした。 自分も施主であった時、いろいろ考えて準備しましたが、正直 大変でした。それでも喜んでもらえたらいいなぁ と いう気持ちで。なかなか嬉しい という気持ちを表現するのが得意でない日本人ですが 皆の楽しそうな笑顔を見てればわかりますね。
 それも、新しい いい家が出来ますように という期待の表れでもあります。 期待に応えられるようにがんばります。
  1. 2016/07/08(金) 19:22:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NSXとかGTRとかが好きだ

自動車の話しですが、
最近 新しくなったホンダのNSXや、毎年のように改良されている日産GTRなど
とても憧れます。
GTRは今の型が出てからも、あくなき向上心と言いますか
改良を積み重ね、年々良くなっている 
(という記事をよく見ます)
その、可能性の追求といいますか、
0-100kmまで 3秒切るだとか、
ドイツのニュルブルクリンクを何分で走ったとか
人によっては、どーでもいい話ですが、
自分はそういうのが結構好きで、「すげー」と感心してしまいます。
今年の4月には、世界最速ドリフト300何キロでギネス更新!とか
もう、なんだか全然わかりませんが 凄いんだと思います。

で、そう言った車を所有する妄想をします。

朝、通勤で エンジンを掛ける。
ぶるんっ っとエンジンが掛かる。
家の近くの路地をそーっと走る。
(とにかく家の周辺は道が狭い)
朝は、渋滞を避ける為、狭い道や農道をメインに
トップスピードは・・・制限速度の40km+ちょっとくらい。
バス通りに出て、も、バスがいっぱい走っているので
バスのペースに合わせられる。そして会社に到着。
まぁ、帰りもほぼ同じ道。

現場廻りをするのも妄想してみる。
遠い現場だとたまに高速道路を使う。
岩槻インターから
ETCのゲートを30kmで通過
本線までの合流車線もだいたい
前方を走る車に追いつく・・・
本線合流 あっというまに制限速度の100km。

それ以上、アクセルを踏み込めば
あっという間に 異次元のスピードに
なると分かっていながら、自制。
・・・
つらい
・・・。
法律が無く、他の車が走っていなければ・・・
もしくは法律で定められた速度が
200kmとか300kmであれば いいのだが
現状100km。
近い将来 引き上げられるとの話があるが、
それでも110kmか120km・・・
現実的に、今 追い越し車線で流れているスピードのような気もします。

かといって、ポテンシャルを発揮すべく
サーキットに持ち込んで、その性能を解放す!
ことをするかというと ないだろな。
というか、本末転倒のような。

と、いうことで、憧れはするけども
頑張って買いたい! という所まではなかなかい。

魅力的な車と

その車を手にして得られる生活の差が大きいのかな。

例えば、その車の性能を100%発揮して、鮮魚配達 とか

鮮度が落ちないうちに、一秒でも早くお届け!みたいに

出来ればいいのですが、法定速度があるので。


・・・

ということで、必要十分なプリウス で 落ち着いてしまうのでした。
















  1. 2016/07/02(土) 15:59:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0