FC2ブログ

菰田誠の工務店日記

住まいについていろいろ考えます

IMG_8997.jpg
階段を作業場で加工する坂西君。IMG_8999.jpg
と、古谷棟梁。
桧の一枚板で作ります。
贅沢♪
作業場で自分で加工して という現場は無くなってきているという話を聞きます。
確かに 手間 かかります。

ここで、日本の住宅の階段について勝手に妄想で遡ってみます。
多くの庶民 農家 では、2階建て というのはあまりなかった。階段は小屋裏を使った養蚕の空間への
ハシゴ的な階段 とにかく急 なものが多かった。
4層5層となっているような、合掌造りの建物や、お城などでも、階段がものすごく急。
町家は2階建てが多く見受けられるような気がしますが、今の住宅に比べたら
階段は どこもものすごく急で、鉄砲階段(真直ぐな階段)で、階段スペースも狭かった。

今は、勾配もゆるくなり、また、その分スペースを取る為に、周り階段
が多い 現実ですが、その歴史はものすごく浅いように感じます。

構造にしろ、断熱にしろ、どんどん時代の変化によるハードルの変化もあり
「住宅」でも 昔の常識 今の非常識 みたいなことも多いですが

「加工する能力」というのが、大工の魅力の一つだと思っています。

周りが変わっても、「加工する能力」は、色あせない と感じています。

IMG_9037.jpg
近所の枝垂桜が見ごろを迎えました。 まだ見沼代用水沿いのソメイヨシノはこれからって感じですが
桜の季節 って毎日がワクワクします。



スポンサーサイト
  1. 2017/03/30(木) 19:39:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東日本大震災から6年

明日で、東日本大震災を引き起こした巨大地震発生から丸6年になります。
その時に、地震の揺れで倒壊した建物・住宅はほとんどなく、最近の建物は強くなったなぁ
と思っていたのですが、昨年の熊本地震では、地震の揺れで、多くの建物が倒壊しました。

こもだ建総のある埼玉でも、いつ巨大地震が起こるかわかりません。
「家の中が一番安心 かつ 安全」で、あるような家づくりを続けてゆきたいと思います。

自然災害は、地震だけではなく、台風や大雪などもあるので、基本的に
「丈夫な家」が、安心につながるのは間違いない。

地震後も、そこでの生活ができる事 も必要である。

エネルギーも、電気、ガスと両方使える方が、リスク回避できる可能性は高い。

喉元過ぎれば熱さ忘れる ではないですが

災害から時間が経つにつれて、あの時の苦労も忘れがちになるので

もう一度、思い出して対策も必要だ。
  1. 2017/03/10(金) 17:33:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0