FC2ブログ

菰田誠の工務店日記

住まいについていろいろ考えます

暖房入れっぱなしの方が省エネ?切った方がいい?

タイトルの、冬場、「暖房はこまめにスイッチを入れたり、切ったりするよりも、入れっぱなしの方が省エネ」
的な話をよく耳にしますが、実際にはどうなんだろう?という疑問がぬぐいきれないでいます。

自邸では、UA値0.29のリアルZEH(ゼロエネルギー住宅・・・エネルギーを使う量より作る方が多い)なのです。
断熱性能は、すこぶる高いのですが、日射エネルギー取得がものすごく少ない。東、南、西と家に囲まれた
敷地で、南側の掃出し窓からも午後にならないと、陽が入ってこないようなところです。なので、暖房は必須。

HEMSで見たり、温度環境をNETATOMで測定などしているのですが。
で、表題の件で、ふと思ったのが、

ある昼間、珍しく、家にいた時の事。エアコンは「ON」で。でも、止まったり、動いたりしてる。
スイッチは「ON」のままですが、暖かい時には止まっていて、温度が下がると動いて
また上がると止まって。という動きをしています。
「「ON」のままでもそういった制御をしているので省エネ」という理屈はわかります。
で、これを途中、人が切ったり、入れたりすると、トータルとして、エネルギーをより多く
使うことになるのか?というのが微妙な疑問でして。
人のいない時間や、寝ている時間など、家じゅうが快適温度を必要としない時間帯に
(うちの住人の感覚とすると、快適温度は24℃。)その温度である必要ないなと、
思っている部分があります。
多少の温度変化を許容する方が、おそらく省エネだと思っています。

そして、、見かけの暖房用電気代を最大限に減らす方法・・・
太陽光で発電している時間に、エアコンで室内を暖めておく。
(日射取得が大きければ、日射で温めておくのが正道)
熱容量・・・熱を蓄えておく量・・・を増やすために、「アイウォール」という左官材料を
使って壁を仕上げているので、温度が低下しにくい。
日没後から夜、朝、陽が出て発電するまでは、暖房を我慢すれば、暖房費
少なくて済みます。

ですが、

今の「再生エネルギー買取制度」のおかげで、発電した電力は、高く買い上げてもらっているので
今は自分の家で使ってしまうより、電力会社に売った方が、利益が出るのです。
つまり現状は、電気代もそこそこかかるけど、電気を売った金額の方がより多くなる状態。

「省エネ」「電気代」「快適性・心地よさ」のどれを最優先するかによって
最適な答えは変わってくる現状だと思います。

いずれにしても、「断熱性能」は高めておいて
エアコンの入り切は、気分でいいのかな なんて思ったりもします。



スポンサーサイト



  1. 2018/12/08(土) 17:32:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無料包丁研ぎ まな板削り開催しました☆

18120801.jpg
この冬も、「感謝デー」と称して、無料包丁研ぎ、まな板削りを開催しました
18120803.jpg
浦和区元町と、本社前と、見沼区の青葉住宅の3か所で開催。
18120802.jpg
寒さも厳しくなく、大勢の方にご来場いただきました。
1日中、同じ態勢で何十丁もの包丁を研いでくれる大工さんたちに感謝です。
このイベントも、日ごろ、道具の手入れで、研ぎ物に慣れている大工がいるからこその。
事務スタッフは受け付けや、梱包等しか手を出しません。
大切なお客様の包丁の刃を丸めてしまう訳にはいきませんので。
ほんと、天気に恵まれ、お客さまにも喜んでいただけたら嬉しいです。
  1. 2018/12/08(土) 16:59:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0