菰田誠の工務店日記

住まいについていろいろ考えます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

蓄電池 10kw モデル 約41万円で販売と!

これは5/1のニュースで、アメリカの電気自動車メーカー 「テスラ」が、家庭用蓄電池を販売へ。
という内容の一部です。
この容量と価格は、かなり現実に一歩近づいた感じがします。
ネットで、ちらっと家庭用蓄電池の販売価格を調べると

T社 6.6kw 約150万 ⇒22.7万円/kw
K社 7.2kw 約150万 ⇒20.8万円/kw
P社 5.0kw 約100万 ⇒20万円/kw
N社 7.8kw 約160万 ⇒20.5万円/kw

となっています。
で、今回発表になったのが

10kw 41万円 ⇒4.1万円/kw

と、容量あたりの値段が 約1/5になりました。

これはかなりの値下がりです。

------
(参考 日産の電気自動車「リーフ」の蓄電池容量 24kwh HPより)
それを、日本の住宅用蓄電池の値段換算すると 約480万円。
日産リーフの新車価格(一番安いグレード) 約280万円。
と、考えると、日本の住宅用蓄電池が高すぎる)

-----

この値段なら導入を考えてもいいかも!?

と、一瞬考える人もいるかもしれませんが、
「元を取りたい」とか「お金」のことを考えている人には、この値段でもおすすめしません。
「停電に備えて」というのならいいと思います。

住宅用蓄電池で、少しでも差益を得ようとすると
太陽光発電等の再生可能エネルギーは全て「売り」
深夜電力等、安い時間帯に、その蓄電池に充電をして、
家で使う電力は、その蓄電池からの電力で賄うという使い方。
という、へんてこなことになるので。

それと、蓄電池の性能は経年劣化します。
そのあとの更新作業にいくらかかるのか、処分にいくらかかるのか?
その最終的な処分は問題ないのか?等、
使用期間が短い割に、その時のコストが割高になってくるような気がします。

エネルギーをうまく使う ことは、これから生きてゆく我々すべての使命だとは思いますが
蓄電池 に関しては 安くなっても、それを取り巻く環境がもう少し変わらないとだなと感じています。


スポンサーサイト
  1. 2015/05/02(土) 09:36:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<家の中の暑さ対策 | ホーム | 電気シェーバーの充電池寿命>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komodasatou.blog103.fc2.com/tb.php/246-ee1b2819
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。