菰田誠の工務店日記

住まいについていろいろ考えます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プリンセス メゾン

表題のタイトルのTVドラマを興味深く見ていました。

主人公は、居酒屋勤めの独身女性。

その主人公の住むアパートが上の階からの水漏れ、

大家さんに言っても何もしてもらえないときに、ふと目についた、マンションのチラシ。

そのマンションの見学会に参加してからの話し。

住まいにかかわる仕事をしている一人として、冷静に観察。

そのなかで、主人公が求めているのは「ずっと住み続けられる家」と。

マンションの営業さんは、「手放す時に有利なように・・・」

と、これから住まいを手に入れようとしている人に対して話します。

(※ 長期優良住宅の認定の話をするときに、自分もこのような話を

したことがあり、注文住宅で、家を建てようとしている方に、「手放す時の話し」

なんて、ナンセンスだなぁ と思いながらも、性能の客観性の裏付けとして

必要かな とか)

この「住み続けられる」の意味が、実は今、大きく変わってきているように感じます。


いい家を建てて、そこで、幸せに長く住み続けていただくのが、私どもの願い。

重要なのは「幸せに」です。

表題のドラマの話しで、女性が一人でずっと住め住まいを手に入れることが幸せか?

という 客観的疑問。

価値観の多様性、を受け入れた上での共感 をモットーにしているので

※一昔前であれば、女性は結婚して子供を産んで育てるのが幸せ みたいな

感覚があったように思いますが、今は、一人でいる幸せだってありだよね と 思います。

それが、強がりの幸せか、心の底からの幸せかは わかりません。

最高の幸せの形かも知れないし、最高ではないけれど、そこそこ幸せの形かも知れない。

「幸せ」にはいろいろな形があるとは思います。

ただ、自分だけが良ければいい「幸せ」でなく、まわりもいっぱい幸せになる形 がいいなぁ と思うのでした。


 
スポンサーサイト
  1. 2016/12/16(金) 19:24:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<地域工務店の意義 | ホーム | ZEHビルダー登録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komodasatou.blog103.fc2.com/tb.php/278-0ac46d1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。