菰田誠の工務店日記

住まいについていろいろ考えます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本とアメリカ 売れる車の違い

ネットのニュースで、ホンダのシビックの新型が日本で復活するというのを見ました。
自分が学生の頃のシビックは、とても魅力的でいいなぁ と思っていたのですが、モデルチェンジをする度に大きくなり
そのうちに日本では売らなくなり、いつの間にか存在すら忘れていました。

市場規模が日本の倍以上あるアメリカで売れる車を作った方が、自動車会社は儲かるでしょう。
でも、よりアメリカ人に受けるようにと作られた車は、日本人にはうけないことが多いみたいですね。
普通に考えれば、大きくなるのはいいこと という感覚はわかるのですが、結果として選ばれない。

なので、日本で程よいサイズ感の車が出るとヒットする。⇒アメリカ向けにモデルチェンジで大型化⇒繰り返す
⇒日本人には大きくなりすぎて、敬遠される。という一連の流れがあるように感じます。

昔話になりますが、RAV4という車も、2000ccのエンジンを積みながらコンパクトなRVで人気が出ましたが、
どんどん大きくなってしまいました。

また、最近の車の「顔」も個性的なのが多いなぁ と感じます。

何かの記事で、「アメリカで売れるには、顔にインパクトが無いダメ」というのを見たことがあり、
大きさも顔もみんなアメリカ向けなんだぁ と 思うと、
急に「日本車」LOVEと思っていた気分が下がり、
アメリカの方ばかり気にしている日本のメーカーを応援しようというテンションが下がってしまいました。
スポンサーサイト
  1. 2017/06/26(月) 16:24:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ZEH目標 | ホーム | 夏至>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komodasatou.blog103.fc2.com/tb.php/286-01110d95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。