FC2ブログ

菰田誠の工務店日記

住まいについていろいろ考えます

技能五輪 続き

x001
競技二日目 加工から組み立て 完成へと
x002

x005
加工が一通り終わると、仮に部材どうしをあてて調整加工してゆきます
それは、繊細な作業で、それにこたえる道具と技が発揮されるところです
x006
仮組部材は2つの材までで、はめてみては外して・・・きつすぎると外す時に材が欠けてしまうリスクもあり
見ていてひやひや。
x007
加工が終わるといよいよ組立。係員に宣告して、以降、削ったりできなくなります。
一般的な仕事だと、組んだ後に調整で鉋をかける という方がきれいに仕上がるのですが
この競技では、それが許されないだけに、事前の加工精度が問われます。
x008
この時点で、実はミスががあり精神的にかなり凹んでいた
x009 

x010
最後のビス締め
x011
一番難しいところの仕上がりチェック
x014
すばらしくきれに付いている!この時点で、自分はそのミスに気づいていないので、好成績を期待。
x012
競技終了7分前。
x013
残った時間で、作品をきれいに拭く。
x015
競技終了 開口一番「ごめんなさい」と。 状況が分からない自分
最後までよく頑張った いい作品が出来た と思っていたので「?」 
説明されて、なんて声をかけていいのやら。誰よりも悔しいのは本人で。
x016
競技終了後、他の人の作品を見られる時間。上には上がいるものだなと改めて感じる。
x017
作品を前に記念撮影

そして翌日の閉会式に結果発表。
ミスが致命的で、採点対象外になってしまうのではないかと本人はかなり落胆
x018
全種目の結果発表があるだけに大勢の人が集まった閉会式。
そのオープニングで流された、競技中の選手たちの動画を見て
1人 感涙。 選手たちの上を目指す姿勢、意識の高さは見ていて感動します。
真剣なものつくりに向かう姿をもっと多くの人に知ってもらうべきだと感じます。
もうちょっと、マスコミに取り上げてもらう工夫も必要ではないかな と。
商業的・ショー的になりすぎても嫌ですが、あまりにも技能五輪の存在が地味すぎます。
x019
ちょっと華やかな演出として、ミス沖縄がプレゼンターもしていました。
で、結果発表。入賞者が正面の大型スクリーンに順に映しだされてゆきます。すると
x020
「おぉ!」敢闘賞!入賞!! ミスが無ければ、もっと上が期待できただけに
悔しさ半分 でも、ミスがありながら、入賞もよくがんばった!最後まであきらめずに
しっかり仕上げたからこその入賞だと感じました。
x021
本人も、自分も「金」を取に行くつもりでいただけに、残念な部分は正直有りますが、
この経験は、失敗も含めて、いい経験になったと感じます。
この技を、これからお客様の家づくりに 存分に発揮してもらいたいと思います。

 
スポンサーサイト
  1. 2018/11/07(水) 20:47:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | 技能五輪 中間報告>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komodasatou.blog103.fc2.com/tb.php/311-484e7ea1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)