FC2ブログ

菰田誠の工務店日記

住まいについていろいろ考えます

実大試験体加力試験

6/16(日)に 東京方面の工務店で作る「大工 工務店の会」主催の 「実大試験体加力試験」・・・実際の建物の部材を使って、強度確認試験を公開で行うものに参加してきました。開催場所は、埼玉県のお隣 栃木県小山市にある関東職業能力開発大学校で行われました。
写真 2019-06-16 10 19 23
大きく分けて、「耐力壁」の実験と「土台と柱の接合部」の実験がありました。
耐力壁の方では、決められた変形量ごとの強さを確認してゆきます。変形量が大きくなった時に、どこがどのように崩壊してゆくか。単純に「強い」「弱い」という話ではなく、変形しつつも、強さを保つのがいい。
P6160194.jpg

P6160231.jpg
「土台と柱の接合部強度の確認」では、昔ながらの金物を使わずに、「長ほぞ+こみ栓」仕様や「ほぞ割くさび」仕様、こみ栓の位置を変えた仕様、人工乾燥材と、天然乾燥材の比較 など、かなりマニアックですが、興味深い内容の実験でした。
結果的には、金物の無い時代にも、長ほぞ+こみ栓という、しっかり強度の出る接合があったということを再認識させられたり、片や、最新の「接合金物」は、当たり前ですが、しっかり強度が出る。ということを再認識させられました。また、昔ながらの大工の技で、カッコいい仕事でも、強度的にはあまりでない というものがあることも確認。とてもいい刺激になりました。
スポンサーサイト



  1. 2019/06/16(日) 15:12:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<聞いてみよう!工務店の家づくり ~住まいづくりナビセンター~ | ホーム | 無料包丁研ぎ 感謝デー 開催しました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komodasatou.blog103.fc2.com/tb.php/331-662a749c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)