FC2ブログ

菰田誠の工務店日記

住まいについていろいろ考えます

HEAD研究会(日本の建築と部品の潜在能力をとき放つ) 総会

写真 2019-05-28 17 49 41
HEAD研究会(日本の建築と部品の潜在能力をとき放つ) 総会に参加してきました。自分が初めて参加したのが、2013年頃だったか。気が付けば、結構月日が経っていました。その頃、SAREX・・・住環境価値向上事業協同組合・・・のワークショップの番外編で、HEAD研究会の副理事長であり東京大学教授の松村先生が、著書「箱の産業・・・プレハブ住宅生産技術者たちの証言」と「建築 新しい仕事のかたち 箱の産業から場の産業へ」に関連する話を少人数委員会でしてくれて、そんな頃にHEAD研究会もSAREXメンバーに案内があって、興味を持って参加した次第。自分の所属は「ビルダーTF」という主に工務店のメンバーが集まっている部会なのですが、「作り手」側なのに、実際の作り手とも違う、工務店経営者って微妙な立場だなと。このタスクフォースが出来た時に、当時の委員長も「工務店とはなんぞや?」という問がありました。
 この総会の記念講演では、電子化先進国エストニアで活躍している齋藤アレックス剛太氏の話し。出来て間もない国のエストニアと、さまざまなしがらみのたくさんある「日本」金融や行政もそうですが、「建築」もそうだなと感じます。今までこうやってきたからこれでいい。ではなく、地域工務店らしく前に進む取組を考えて行かなければと、改めて感じました。
スポンサーサイト
  1. 2019/05/28(火) 17:18:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<無料包丁研ぎ 感謝デー 開催しました | ホーム | バスで現場+築10年以上のお客様宅見学会 開催>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komodasatou.blog103.fc2.com/tb.php/333-ee07fc62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)